4歳の子への絵本の読み方【我が家の場合】

スポンサーリンク

子どもに効果的な絵本の読み方はなんだろう?

ほかの家庭で子どもに絵本をどんな風に読んでいるか気になりますよね。

今回は【我が家】のケースをご紹介します。

ずばり、【読んだ後に話の内容について質問をする】です。

こんなやり方もあるのね、程度にお読みいただければと思います。

※我が家は子どもが1人ですので、お子さんが複数いる方には参考にならないかもしれません。



絵本の読み方【我が家の場合】→質問をする

絵本を読んだ後に、絵本の内容について質問します。

たとえば、次のような質問をします。

(例)

・ミミはなんで泣いたの?

・ミミはなんで地上に出られないの?

・蛍はなんでミミに会いたかったの?

 

ヒントは出口式みらい学習教室でした。

現在、通っているのですが、授業中に先生が絵本を読み聞かせた後、いくつか質問をしていたのです。

それを見て、「これはいい!」と思い、我が家でも実践しています。

良いと思うのは次の2点です。

 

良いこと

子どもの理解度がわかる

要点をつかむ練習になる

 

特に、要点をつかむ練習になるので、いいと思います。

要点をつかむ練習は、

無駄なところをそぎ落として、本質を理解する力にもつながるのでおすすめです。

このあたりのお話は『論理の力』に書いてあります。

2歳から12歳の脳がグングン育つ!論理の力

2歳から12歳の脳がグングン育つ!論理の力

出口汪
1,430円(11/12 10:56時点)
発売日: 2019/05/07
Amazonの情報を掲載しています

 

向いているお子さん

絵本の読み聞かせが好きなお子さんにおすすめです。

※絵本を読んでもらうのが嫌いな子にはおすすめしません。無理にやるのはおすすめしません。

 

ちなみに、毎回質問するわけではありません。

質問しないときもあります。

子どもが絵本を聞きたいだけのときもありますので、毎回はやりません。

子どもの様子を見て、子どもが積極的に答えない場合は質問を止めて、2冊目からは読むだけにします。

 

ちなみに、絵本の読み方って人それぞれですよね。私も夫も淡々と読む派です。感情をこめて読むのは苦手です。



寝る前に何冊読むか

子どもの興味に応じて変わる数字ですので、何冊読んだ方がいい!という数字はないと思いますが、我が家の場合。

寝る前に読む絵本の数は、年齢によって次のように変化しました。

 

1~2歳:15~20冊

3歳:5冊

4歳:1~2冊

4歳で読む数が減ったのは、寝るぎりぎりまで絵を書いたり、工作したり、おもちゃで遊んだり、カードゲームしたりしているからです。

 

絵本でみられた効果

本を通じて、子どもにみられた変化は次の2つでした。

●自分からひらがなを勉強する

●自分でわからないことを調べる

 

✔自分からひらがなを勉強する

この本を買って、毎晩、どちらか1冊を「あ」から「ん」まで読み聞かせしてたところ、3歳のある日、自分でなぞっている姿を見かけました。

でんしゃのあいうえお

でんしゃのあいうえお

1,296円(11/12 07:39時点)
発売日: 2013/03/25
Amazonの情報を掲載しています
あいうえお でんしゃ じてん (視覚デザインのえほん)

あいうえお でんしゃ じてん (視覚デザインのえほん)

視覚デザイン研究所
1,296円(11/12 07:39時点)
発売日: 2016/07/03
Amazonの情報を掲載しています

 

そのタイミングでひらがなノートを買ってあげたら、喜んで練習していました。

ある時は保育園に行く前に、自分でノートを広げて書いていることがありました。といっても、ごくたまにそんなことがある程度です。

 

✔自分でわからないことを調べる

2歳の時に、トーマス図鑑を買ってあげてから、自分で調べる習慣がつきました。

厚さ2cmくらいある本で、トーマスのキャラクターがひと通り載っています。

この本も最初の頃は、1回30分くらいかけて、寝る前に読み聞かせしていました。子どもがリクエストするキャラクターをひたすら読んでいました。

きかんしゃトーマス大図鑑

きかんしゃトーマス大図鑑

ヒット・エンタティンメント
1,980円(11/12 07:39時点)
発売日: 2015/09/01
Amazonの情報を掲載しています

 

それぞれのキャラクターがどこに載っているか覚えてからは、自分で調べるようになりました。

テレビで知らないキャラクターが登場すると、図鑑を取りに行って調べていたり。

 

4歳になって、恐竜図鑑を買ってからは、自分で索引を調べるように仕向けました。

(ちょっと楽したかったのです・・・)

図鑑を買ってから4歳の息子に起きた思わぬ効果【索引を自分で調べるように】

 

とりあえず買ってあげて、とりあえずひと通り読んであげたのが一番良かったと思います。



おすすめの絵本

これも人によりますが、子どもの興味が一定期間続いた本を3冊ご紹介します。

2歳くらいのお子さんからおすすめです。

・がまくんとかえるくんのシリーズ

『ふたりはともだち』

ふたりはともだち (ミセスこどもの本)

ふたりはともだち (ミセスこどもの本)

アーノルド・ローベル
1,045円(11/12 07:39時点)
発売日: 1972/11/10
Amazonの情報を掲載しています

 

アホらしい、がまくんとかえるくんのやりとりに突っ込みいれながら読んでいます。

他のシリーズもあわせ3冊買いました。子どもの反応は良かったです。

 

・変わり者ソフィーのお話

ソフィーとちいさなおともだち』

ソフィーとちいさなおともだち

ソフィーとちいさなおともだち

パット・ジトロー・ミラー
1,540円(11/12 07:39時点)
発売日: 2018/08/01
Amazonの情報を掲載しています

 

↑の続編がこちら↓

ソフィー、がっこうへいく』

ソフィー、がっこうへいく

ソフィー、がっこうへいく

パット・ジトロー ミラー
1,540円(11/12 07:39時点)
発売日: 2019/02/01
Amazonの情報を掲載しています

 

ソフィーの絵本はおそらく、発達障害のお子さんをお持ちのお母さんが書いた絵本ではないか?というのが、夫と私の感想です。

なかなか珍しい作品で、何度読んでも楽しい掘り出し物でした。

冒頭で書いた、「読んだ絵本について質問をする」という点からは、ソフィーのシリーズは、考えるポイントがちりばめられていて良書です。

 

おすすめをあげたらキリがありませんので、Amazonや図書館でチェックしてみてください。

>>Amazonの絵本

 

 

 

RELATED

スポンサーリンク