4歳の子向け・ロボット教室3選【通わず自宅でやる方法もご紹介】

スポンサーリンク

4歳の子供が通えるロボット教室にはどんなところがあるだろう?

4歳の息子が最近、レゴブロックで恐竜や乗り物をつくるのに熱心なので、ロボット教室を調べてみました。

 

本記事の内容

●4歳の子向け・ロボット教室3選

●教室に通わずに家庭で取り組む場合

●3Dプリンタを使った我が家の取り組み

記事で紹介した教室は、すべて無料で体験教室に参加できます。

子供向け教室の場合、子供に興味があるかないかが第一ですので、勧誘される心配や断る難しさは気にしなくてOKです(経験あり)。

では、早速みていきましょう。



4歳の子向け・ロボット教室3選

アーテック

アーテック

 

アーテックの特徴は、

●パズル

●ロボット

●プログラミング

をすべてやること。

特にいいと思うのが、パズルのコースもあることです。

出典:アーテック

ブロックをつかったパズルを組み合わせることで、平面では理解しにくい立体や空間を把握する力をつけられますね。

小学校に入ってからの算数の授業にいかせそうです。

 

出典:アーテック

 

アーテックの特徴

パズル・ロボット・プログラミングコースをすべてやる

カリキュラムは2年間

全国に展開

 

公式サイトに、推奨開始年齢は年長とありましたが、教室によって異なるようです。

4歳のお子さんの場合、問い合わせしてみるといいです。

>>パズル・ロボット・プログラミングが全部できるアーテックの体験教室に申し込む

※体験教室は無料です。

 

2019年の教育ITソリューション、おもちゃショーどちらにもアーテックは出展していましたね。

教育ITソリューション展示会で見たアーテックのトイレロボット(蓋が開く)

ブースでお話をうかがった限りでは、小学校でアーテックの教材を取り入れるところは増えているようですね。

県全体でアーテックの小学生向け教材を導入しているところもあるようです。

 

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーロボット教室

全国に展開しているおなじみのロボット教室。ロボット専門家によるカリキュラムなのが安心かつ期待度アップですね。

公式サイトによると、ロボット教室は5歳からです。

4歳の子が参加したレビューもみかけますので、聞いてみるといいです。

 

主な特徴

ロボット専門家によるカリキュラム

テキストにそってロボットを組み立てる

月2回(1回90分)

 

>>ヒューマンアカデミーロボット教室の無料教室に申し込む

※体験教室は無料です。

リタリコワンダー

リタリコワンダー

公式サイトでは年長(6歳)からとなっていますが、以前、体験授業に行ったとき、4歳の息子でも参加をOKしてもらえました。

リタリコの良いところは、子どもに合わせて授業内容を柔軟に調整してくれることですね。体験授業で一番好印象でした。

そして、3Dプリンタ、レーザーカッターもあるのが珍しいですね

>>【体験記】LITALICOワンダーの無料体験授業に4歳の息子と参加しました!

 

主な特徴

子どもに合わせて内容をカスタマイズしてくれる

ロボットと簡単なプログラミングを組み合わせて動き学ぶ

首都圏を中心に展開

3Dプリンタコースもある

 

決まったカリキュラムがないので、子どもの興味が移っても、スタッフの方がその子にあったカリキュラムを提案する仕組みになっています。

>>LITALICOワンダーの体験教室に申し込む

※体験教室は無料です。

 



教室に通わずに家庭で取り組む場合

自宅そばに教室がなかったり、子どもの興味がつづくか不安な場合は、家庭で取り組むこともできますね。

教室で使用される教材を購入する

✔LEGO Education WeDo 2.0

リタリコワンダーのロボットコースで使用されている教材です。

ちょっと高いですが、通学する全費用よりもコストを抑えたい場合は、教材の方がお買い得ですね。

LEGO Education WeDo 2.0 Core Set 45300

LEGO Education WeDo 2.0 Core Set 45300

26,300円(12/13 19:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

✔アーテックのうきうきロボットプログラミングセット

教室で使用するものと同じかわかりませんが、アーテックロボもAmazonにありました。

 

リンク先の商品にはガイドブックがついています。

ガイドブックなしでは難しいようですので、ご購入される場合はガイドブック付きがおすすめ。

お掃除ロボットも作れます。

Amazon

 

✔アーテックの自考力パズル

👇論理的思考力用のパズル

色のリレーなんて面白そうです。

自考力キッズ パズルトレーニング 論理思考

自考力キッズ パズルトレーニング 論理思考

450円(12/12 21:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

👇図形感覚を重視したパズル

かたち合わせパズルがありますね。

自考力キッズ パズルトレーニング 図形感覚

自考力キッズ パズルトレーニング 図形感覚

682円(12/12 21:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

3Dプリンタを使った我が家の取り組み

最後に我が家の取り組みを少しご紹介します。

※30秒でさらっと読み終わりますので、少しお付き合いください。

我が家では、ロボットやプログラミングをまだ導入していません。

代わりに、3Dプリンタで子供の教育によさそうなものを私が作っています。

たとえば、次のようなパーツを3Dプリントして4歳の息子に組み合わせてもらったりしています。

 

遠くから見ると、正四面体にみえる錯視モデルを作ったりもしています。

 

立体迷路なども。

 

ロボットやプログラミングと、3Dプリンタをかけあわせると、子どもの興味が広がると思います。

ただ、就学前の子供には3Dプリンタのモデリングは難しいです。マウスを動かせるまでは厳しいですね。

でも、3Dプリンタが稼働している様子を見るのは好きで、いろいろ作ってとリクエストされます。

3Dプリンタだとおもちゃはもちろんですが、親の使い方次第で、子どもに合わせた教材を作れますので、個人的にはおすすめです。

漢字パズルとか👇 これから増やしていく予定です。

 

>>【漢字嫌いな子どもにおすすめ】3Dプリンタで立体漢字を作ってみよう【学習塾でも利用価値あり】

 

ひらがななぞり練習ツールとか👇

 

3Dプリンタに興味がわきましたら、次の記事もどうぞ。

 

 

 

RELATED

スポンサーリンク