CRAを辞めたい場合に考えるべき2つのタイミング【元CRAの経験より】

スポンサーリンク

CRAを辞めたいと思っている人

「CRAの仕事が忙しすぎる…。休日も会社の携帯が鳴るし、施設のCRCとはうまくいかないし。出張が多いのにあこがれて始めたけど、ちっとも華やかじゃなかった。CRAを長く続けるのは体力的に無理な気がする。転職活動で注意すべきことを教えてほしい」。

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事の内容

・CRAを辞めたい場合、タイミングが大切な話

・事前に動くべき2つの理由

 

この記事を書いている私は以前、CROでCRA(臨床開発モニター)をしていました。

新規試験立ち上げに関与。50時間を超える残業も体験しました。

出張が多く、かっこいいイメージをもたれるCRA。しかし、激務ゆえに体調を崩したり、精神を病んだりで辞めていく人がいます。

 

私のいたCROでは2~3年で人が入れ替わっていました。私もその1人です。

今回の記事では、CRAが転職活動で知っておくべき2つのポイントを解説します。

 

※3分ほどで読める記事です。3分後には転職活動で失敗を避ける本質がわかるようになっています。



CRAを辞めたい場合に考えるべき2つのタイミング

この記事を読まれる方は、激務だったり、施設担当者の対応にストレスを感じたりなどで、CRAを辞めたいと考えている方だと思います。

結論から言うと、CRAを辞めたい場合、タイミングが大切です。

このタイミングを念頭に置いて転職活動を進めないと、いざ動こうとしたときに身動きがとれなくなる可能性があります。

最悪の場合、過労で転職活動をする気力すら奪われる可能性があります。

 

そのタイミングとは、次の2つ。

プロジェクト終了のタイミング

●プロジェクトが忙しくなるタイミング

 

CRAを辞める場合、この2つのタイミングが重要です。

理由は、上記タイミングは突然やってくるからです。

このタイミングをうまく利用、または事前に避けられるかどうかで、辞めやすさが変わってきます。

そのため、事前に動くことが転職活動をする上でのポイントとなります。

以下、もう少し詳しく説明します。

事前に動くべき2つの理由

次の2つの理由があります。

●プロジェクト終了は突然やってくる

プロジェクトは突然忙しくなる(CRAの忙しさは予測できない)

 

1つずつみていきます。

事前に動くべき理由①:プロジェクト終了は突然やってくる

ある日突然、依頼者の方針変更でプロジェクトが終了することがあります。

この場合、早めに転職活動しておくと、新しいプロジェクトにアサインされる前に辞めることができます。

 

これは私のプロジェクトで実際にあった話です。

私は某CROで国際共同治験を担当していました。

その試験が始まって1年ほどたったとき。

依頼者(製薬会社)の決定により、この会社の試験をすべて別のCROに委託することになりました。つまり、委託先CROが別の会社に変わることになったのです。

グローバル試験の場合、製薬会社本社(グローバル)の決定によって、非効率と思われる変更がなされることがあります。

前例のないCRO【A社】からCRO【B社】へ引き継ぎが発生するなど、現場は大混乱でした。

私のいたCROにとっては、依頼者都合によるプロジェクトの強制終了です。

 

私はこのタイミングで会社を辞めました。

このタイミングを利用できたのは、CRO変更の決定が出る前から、転職活動をしていたからです。

 

プロジェクトが強制終了するとわかったとき、上司に退職の意思を伝えました。

CRO移行に伴う引き継ぎには1ヶ月ほどかかり、時間的猶予がありました。

プロジェクトが終了するとわかった時点で退職を伝えたので、私を次にどのプロジェクトにアサインするか、会社は決める必要がなく、会社に迷惑をかけずに辞められました。

 

✔終了が近い試験も同様

上記はまれなケースですが、プロジェクトが終わりに近づくにつれ、人員が減っていく場合も同様です。

誰がプロジェクトに残り、誰が他のプロジェクトにアサインされるのか。

こういった決定はある程度予測できても、予測通りになるとは限りません。

 

プロジェクトの人員縮小の話が出てから、転職活動をするのでは遅すぎる可能性があります。

 

CRAの場合、複数の施設を担当し、それぞれの施設のCRC、治験責任医師、薬剤部など複数の人とやりとりします。

会社や依頼者の都合でプロジェクトが変わるタイミングをうまく利用できれば、あなたにとっても会社にとっても、発生する引き継ぎは1回ですみます。

自分都合で辞める場合は、会社にとってもう1回、引き継ぎが発生します。

しかも、施設は全国にあり、複数あります。やりづらさを感じないわけにいきません。

 

つまり、

CRAは仕事で関わる人間が、社内と社外に複数いるため、

なるべく気持ちよく、周囲に迷惑をかけないで辞めるには、タイミングが重要なのです。

 

一方で、プロジェクト終了まで待たずに辞めたくなるケースも考えられますよね?

その場合に注意すべきことは、CRAの忙しさは予測できないことです。

 

事前に動くべき理由②:プロジェクトは突然忙しくなる(CRAの忙しさは予測できない)

CRAが忙しくなるタイミングは読めません。

自分の担当する施設数、各施設でエントリーする被験者の数によって、同じプロジェクトでもCRAの忙しさは異なるからです。

 

以下、2人のCRAを例に説明します。

CRA①

●担当施設は2施設のみ。エントリーしている被験者の数はプロジェクトの中で最も多い

●SDVのために週の半分以上は出張。抗がん剤試験なので、休日に発生するSAE対応もしばしば。

CRA②

●担当施設は4施設だが、被験者はまだゼロ

●医師への安全性報告や治験薬搬入で出張するくらい。

どちらが忙しいかは明らかですよね。

このように、同じプロジェクトでも担当施設の状況によって忙しさは異なります。

すでにプロジェクトにアサインされていて、辞めたいと考えている場合、激務になる前に動く必要があります。

 

上記のCRA②のケースを例にすると、

次のように状況が一変し、急に忙しくなることがあります。

例:

施設Aで被験者が同時に2名登録した。施設Bでも3名登録。

適格性確認のためにSDVに行かないといけない。

翌日、施設CでSAE発生。夜22時に施設のCRCから電話。

対応で不明な点があり、上司に連絡するけどつながらず焦る。

 

こんな感じで、CRAがいつ激務になるかは、同じプロジェクト内でも人それぞれです。

私はCRAをしていた頃、被験者の多い施設を担当していたため、土日にSAEで電話がかかってくることが度々ありました。

忙しいうえ、会社の携帯をプライベートでも手放せないのがCRAです。

被験者が少ないときはまだいいですが、忙しくなり出すと、転職活動どころではありません。

 

実際に私が転職活動を開始できたのは、担当施設の状況が落ち着いてからでした。

 

被験者が登録してから数ヵ月は、頻繁な出張、SAEへの対応で、残業時間は50時間超え。休日出勤もありました。過労で身体に発生するヘルペスで、休日に病院へ行くこともしばしばでした。

この状態では転職活動する気力はわいてきませんでした。

今すぐ行動すべき理由

現在、CRAを辞めたいと思っている場合、すぐに転職する気がなくても、転職サイトに登録しておいた方がいいです。

残業が続き、休日出勤も発生するほど忙しくなると、転職サイトに登録する気さえ起らなくなるからです。

異動やプロジェクト変更の指示が出てから動いたのでは、現状を維持するどころか、環境が悪化することだってありえます。

プロジェクトの状況で、数ヵ月は身動きできないとわかっていても、求人情報をチェックして、リスト化しておけば、いざ辞めたいと思ったとき、転職という選択肢が残ります。

すぐに担当者に連絡できる状態にしておけば、倒れる前に動くことができます。

 

私も経験ありますが、残業が続く状況で転職活動をするのは精神的・肉体的にきついです。転職サイトやエージェントに任せられる部分は任せてしまうと精神的に楽になります。

転職サイトによっては企業からのスカウトメールが来たり、非公開求人を確認できたりします。登録は無料で、登録後は希望の条件にあった求人情報がメールで届くので、それを時々見ておくだけです。

転職に絶好のタイミングがやってきても、準備をしていなかったらすぐに動けません。

その時になって後悔するのと、今のたった5分の手間、どちらを選びますか?

身動きが取れなくなる前に、ぜひ動いておきましょう。

あまり干渉されずにマイペースに探す場合➡ 転職ならリクナビNEXT

求人検索に時間をかけず、企業への応募から他人に任せて進めたい場合➡ 優良企業への転職情報ならdoda

どちらも大手ですので、ここに登録しておけばOKです。

 

 

 

RELATED

スポンサーリンク