薬剤師を今すぐ辞めたい!という人に伝えたい私の失敗談

スポンサーリンク

 

●薬剤師の仕事が辛くて、早く辞めたい

●薬局・ドラッグストアで病んだ人間を相手にするのにもううんざり!

●辞めたいと言ったのに、ずるずるになっている

 

今回はこんな方に向けて、私の転職経験と失敗談をお伝えします。

現在は、大学生のころから夢だった「書いて稼ぐ」ことで副業で月10万円ほど稼げるようになりましたが、以前は薬剤師として働いていました。

ここにいたるまでは、複数の転職、失敗があります。

あゆみ
あゆみ
いまは薬剤師として働いているけど、キャリアチェンジしたい、という方に参考になると思います。

 

薬剤師を今すぐ辞めたい!と思ったら

最短で辞める方法は2つ。

①転職先を決める

②退職の意思を伝える

 

どちらも、最短で薬剤師を辞めるために必要です。

私がとった方法は、①【転職先を決める】でした。

 

【方法①】転職先を決める

転職先を決めておくことが、薬剤師を辞める最短の道です。

次の行き先が決まっていたら、会社が引き止めたくても引き止められません。

会社に引き止められないよう、すぐに退職するためには、次の転職先を決めておくのがおすすめです。

 

あゆみ
あゆみ
以下、わたしが辞めたときの2つの事例をご紹介します。

 

どちらのケースでも、次の行き先を決めてから辞めました。

 

✔新卒で入社したドラッグストアを辞めたとき

ドラッグストアの次の行き先に、わたしは「フリーライター」を選びました。

会社からすれば、薬剤師がいきなり「ライターになりたいので」と言いだし、内心、鼻で笑われていたと思います。

当時は「書く仕事」にあこがれており、フリーライターの活動費を貯めるために、ドラッグストアで働いていました。

フリーライターへの転身は、当時は失敗に終わりましたが、

自分が「行き先」を決めたうえで、会社に退職の意思を伝えたので、スムーズに辞められました。

 

▼関連記事▼

 

✔CRA(臨床開発モニター)を辞めたとき

CRAの次の行き先に選んだのは「別業種」でした。

CRAはやりがいのある仕事でしたが、忙しすぎて、長く働ける展望を持てませんでした。

そこで、退職の6ヵ月ほど前から、転職活動を始めました。

具体的には、知人経由で転職したい会社に打診しました。

結局、その会社へ行けることになりましたが、いま振り返ると、転職エージェントを使えばよかったと思っています。

これについては後述します。

 

▼関連記事▼

 

【方法②】退職の意思を伝える

とにかく早く辞めたい!辞めてから転職先を考えたい!という場合は、先に退職の意思を伝えるのがおすすめです。

しかし、

●上司との関係が悪くて言い出しにくい

●人がどんどん辞めていき、ブラックすぎて辞められない

●辞めたいと言ったのに3ヵ月ずるずるにされている

このような場合は、退職代行サービスを使うのも1つです。

↓↓↓↓↓↓

 

 

よくある誤解について、下記の弁護士ブログが参考になります。

▼弁護士ブログ▼

弁護士が語る!退職代行のニーズと実態

 

転職エージェントを使えばよかったと後悔した話

私は3つの職種を経験しています。

新卒で会社①→留学→会社②→会社③→フリーランス

という流れで今にいたります。

 

次のように、転職エージェントを使って転職使わずに転職、両方の経験があります。

留学→会社② :転職エージェントを利用した

会社②→会社③:転職エージェントを利用せず

 

会社②→会社③のときに転職エージェントを使えばよかったと思う理由は2つあります。

×あまりに狭い視野で転職先を決めていた

×転職後の仕事内容が、事前に想像していた内容とギャップがあった

 

 

×あまりに狭い視野で転職先を決めていた

当時はやりたいという気持ちが先行して、それしか考えられませんでした。

いま当時に戻ったら、当時と同じ選択はしません。

 

×転職後の仕事内容が、事前に想像していた内容とギャップがあった

これは自分の確認不足、思い込み、願望の強さによってもたらされたものです。

面接時にもう少し確認すべきところ、採用に影響することを恐れ、確認をためらってしまいました。

 

転職エージェントを利用していれば、

  • エージェントに自分の経験・スキルを伝え、より良い仕事があるか意見を聞いてみる
  • 自分の市場価値について客観的な意見を聞ける
  • 転職先の仕事内容について、採用面談では聞きづらいことを、事前にエージェント経由で確認してもらう

ことが可能でした。
もちろん、会社③で経験したことや、そこで出会った人から学ぶことはたくさんあり、無駄だったとは思いません。

しかし、ベストの選択肢ではありませんでした。

 

反対に、留学→会社②のときは、転職エージェントを利用したおかげで、

当時は考えていなかった業種を紹介してもらい、満足のいく転職となりました。

 

教訓

無料で利用できるのだから、転職エージェントは使いたおすべき!

 

おすすめの薬剤師転職エージェント/退職代行サービス

薬剤師の転職エージェント

転職エージェントは、どこも大差はありません。次の3つに登録しておけばOKです。

マイナビ薬剤師専門の転職支援サイト≪登録無料≫(定番の大手なので安心)

ジョブデポ薬剤師≪お祝い金をもらって転職≫(正社員希望でお金が必要だったらこれ)

他業種も探すならdoda(デューダ)(案件多数。薬剤師以外の仕事も探すならココ)

 

 

どのエージェントを利用するかに時間を割くよりも、面談で意見を聞くのがおすすめです。

わたしは3社面談し、最終的に信頼できそうな担当者のアドバイスにしたがって、転職先を選びました。

あゆみ
あゆみ
会社というよりも、担当者を信頼できるかどうか、が大きかったです。

 

同じエージェントでも担当者の当たりはずれはあると思いますので、あれこれ調べるよりも、

まず1社、面談を受けることをおすすめします。

 

退職代行サービス

無料で相談できるのがこちら。弁護士が代行して会社に連絡してくれます。

退職代行サービスNEXT(相談は無料)

※相談は無料です。

 

気持ちが滅入っている場合は、ガス抜きとして第三者に聞いてもらうことは大切です。

 

↓↓↓とりあえず無料相談に申し込んでみる↓↓↓

 

 

▼副業ブログで稼ぐことにご興味がある方は、こちらをご覧ください。

 

▼人気記事

RELATED

スポンサーリンク