【格安の光造形3Dプリンタ】ELEGOO MARS UVの海外レビューまとめ【USAmazonを参考に】

スポンサーリンク

こんにちは、あゆみです。4台の3Dプリンタに囲まれて生活しています。

格安の光造形3DプリンタELEGOO Mars UV

日本Amazonで現在、最安値で手に入る3Dプリンタです。価格は衝撃の約3万円。

私が光造形の購入を考えて調べたときにはMarsの存在を知りませんでした。

日本Amazonのレビューは4件と少ないですが、USAmazonには63件のレビューがついています。しかも、5つ★が多いです(2019年7月10日時点)。

そこで今回は、激安光造形3DプリンタMarsについて、USAmazonを参考に口コミをまとめてみました。購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

激安光造形3DプリンタELEGOO Mars

結論からいうと、

29,999円という破格の値段でありながら、

品質サポート体制使いやすさの3点で高評価を得ている3Dプリンタです。

 

Marsで推奨されるスライサーソフトChiTu Boxは私も使ったことがあります。使いやすいソフトです。

USAmazonレビューを一通りみて、概要を以下にまとめました。

 

満足なポイント

高評価レビューで特に目立つのが、

・FBグループがよい

・サポートセンターの対応がよい

・品質がよい

 

の3点です。このコメントをしている方たちは、★5個でした。

主なコメント

・箱から出してすぐ使える

・マニュアル通りにやれば問題なくセットアップ、テストプリントできる

・品質は最高。5分かからずサンプルモデルをプリントできた

・低コストで高品質

・解像度がFDMプリンタと全然違う。スライサーソフトも使いやすい

・サポートセンターの対応がスピーディかつ親切

・造形物に文句なし

・レベリング(位置調整)がしやすい

・facebookグループで疑問点を解決できる。初心者な質問をしてもばかにされない。FBグループのおかげで問題を解決できる

・ほかの光造形より出力サイズが大きい

 

 

不満なポイント

特に多いのが次の点でした。

・慣れるまで時間がかかる

 

このほか、サポートのつけ方を失敗した、というコメントもちらほら見かけます。

たいていの方は、慣れた後は問題なくプリントできているようでした。

主なコメント

・慣れるまで時間がかかる(複数の人がコメント)

・カバーが取り外しタイプなので、開けたときにレジンの匂いが一気に出てやや不快

・届いた時、液晶パネルが壊れていた

・ケーブルがついていなかった

・匂いがある

・面倒くさい

・UV光が弱い

・白と透明レジンは二次硬化で黄ばむ

・出力サイズが小さい

・メンテナンスに工具が必要

・サポートのつけ方で失敗

・Elegooレジンはくっつきやすい。表面のレジンを除くにはイソプロピルエーテルを使うしかない

・スライサーソフトChiTu BoxのPDFマニュアルがついていない

・マニュアル通りにしたがテストプリントできなかった

 

 

注意すべきポイント

・付属のヘラを使うこと(金属のヘラを使ってFEPフィルムを破ってしまった人)

 

レビューを読んだ全体的な印象

2019年7月10日時点のレビュー内訳は次のとおりです(計63レビュー)。

★5個=51レビュー

★4個=7レビュー

★3個=1レビュー

★2個=0レビュー

★1個=4レビュー

 

★5個の人は、どの方も品質に満足とのこと。

私はUSAmazonのレビューを参考に別の光造形3Dプリンタを購入したことがあります。口コミと製品への感想にギャップはありませんでした。

USAmazonでこれだけ高評価なら、はずれる可能性は低いと思います。

なかには、初回購入時に不備があり、交換してもらったものの、交換品にもひびがあった人がいます。それでも、品質に満足のようで★を5個つけています。

半年使った人にとってベストポイントは、FBグループの存在とのこと。英語ができれば疑問点を解決できる手段として有効ですね。

すべてのレビューに目を通しましたが、多くの人がコメントしていたのがFBグループでした。

次に、サポートセンターの対応が迅速ですばらしいというコメントもたくさんありました。

 

大部分はFDMタイプから初めて光造形を買った人でした。

光造形が初めての方の場合、慣れるまで少しかかるようですが、ほとんどの方がその後はプリントの失敗はないようです。

Anycubic photonのレビューでよく見かけるレベリング(位置調整)が大変というコメントは1つもありませんでした。

次の4点を重視する方には、Anycubic photonよりもELEGOO Marsがおすすめですね。

安さ重視

届いてすぐに使いたい

使いやすいものがよい

サポートを受けたい

 

キャリブレーションでありそうなトラブルとしては、
Z軸のキャリブレーションで、5mmのキューブが3.8mmに造形されてしまうというコメントがありました。

同じ問題に遭遇した人がもう1人いましたが、FBグループで問題を解決できたようです。

 

製品の概要

ELEGOO Marsはカバーが上に持ちあがるタイプではなく、カバーごと取り外せるタイプですね。

出典:You tube(ELEGOO Mars 2K LCD Resin 3D Printer | First Impressions)

 

造形プラットフォームの取り付けはこんな感じ。

出典:https://youtu.be/sB2lkgDZmyI

 

気になるレベリングは、
紙を置いて、Z軸をおろし、ネジを締めるようです。

出典:https://youtu.be/sB2lkgDZmyI

 

出典:https://youtu.be/sB2lkgDZmyI

 

私がELEGOO Marsでいいと思うポイントは、造形中の様子を観察しやすいことです。

出典:https://youtu.be/sB2lkgDZmyI

 

私が持っているEPAX X1はとても使いやすくて自信をもっておすすめする3Dプリンタです。

ですが、唯一の不満としては、造形の様子を確認するときに、一時停止して蓋を開けないと中の様子を確認できないことです。

このように黒いため、中をはっきり確認できません。

 

 

Marsの主な仕様

  • 出力サイズ: 120 x 68 x 155 mm
  • 積層ピッチ 0.01-0.2mm
  • レベリング: 手動
  • データ送付方法:USB
  • 内臓カメラ: なし
  • Z軸精度:0.00125mm
  • XY解像度:0.047mm
  • スライサーソフト: ChiTu Box

 

Photonの出力サイズは115×65×155mmですので、Marsの方が少し大きいですね。

レベリングトラブルが少なく、出力サイズが大きめで、Photonより2万円安い・・・・どちらか選ぶとすると、Marsですね。

Photonも十分すぎるくらいお買い得な光造形タイプの3Dプリンタですが、Marsの登場には驚きますね。光造形で3万円だなんて・・・

 

 

ELEGOO Marsのセットアップからテストプリントについては、英語ですがこちらの動画がわかりやすかったです。

 

※アイキャッチ画像の出典:Amazon

 

 

 

RELATED

スポンサーリンク