ハロウィンかぼちゃをFusion360でモデリング&3Dプリントしてみた!

スポンサーリンク

こんにちは、あゆみです。

ハロウィンということで、今回はかぼちゃのモデリングに挑戦しました。

さらに、モデリングしたデータを、光造形3Dプリンタでプリントしてみました。

感想は、

●Fusion360でのかぼちゃづくりは意外と簡単

●光造形すごすぎる!

●朝なかったものが家で作れる3Dプリンタは優秀すぎる!!

です。

早速見ていきましょう。



ハロウィンかぼちゃをFusion360でモデリングしてみた

今回、Fusion360でかぼちゃのモデリングをするにあたり、メイカーズラブさんの動画を活用しました。これから作られる方はこちらの動画が参考になると思います。

 

Fusion360を始めたばかりの方にもわかりやすい動画です。

ただ、始めたばかりだとつまづく方もいるかもしれません。私が1時間かからず完成できたのは、動画を見る前に、本でスカルプトのやり方を勉強していたからでした。

👇この本で3回飛行機のスカルプトに挑戦し、3回目で成功

➡かぼちゃ動画でモデリングに挑戦

➡できた、という感じです。

難しく感じる場合は、メイカーズラブさんの他の動画や、こちらの本であらかじめFusion360をいじってみるのがおすすめです。

Fusion 360 マスターズガイド ベーシック編

Fusion 360 マスターズガイド ベーシック編

小原 照記, 藤村 祐爾
3,218円(11/20 22:27時点)
発売日: 2018/08/09
Amazonの情報を掲載しています

 

ハロウィンかぼちゃ・モデリングの様子

最初はこの球からスタートします。

 

かぼちゃらしくなりました。

 

茎をつけてさらにかぼちゃらしくなりました。

 

一瞬で👇のようになるんですよ。

 

動画で手取り足取り解説してくれるので、ここまで1時間かからずにできました。動画は10分ほどです。

リアル感を出すためのレンダリングをして待つこと数分。

レンダリング中

 

色つきの光るかぼちゃが完成しました。あとは3Dプリントするだけです。



スライサーソフトChiTuBoxで手動でサポート材をつける

持っている光造形がChiTuBoxというスライサーソフトを使うため、これでサポート材をつけます。

3Dデータをスライサーソフトに取り込んだ後、次の疑問がでてきました。

●サポート材をどうつければよいの?

●ラフトをどうつければよいの?

 

これまではサポート・ラフトは自動機能でつけていました。

今回のようなワイヤー形状で、内部が空洞の場合、自動でサポートをつけると、内部にびっしりサポート材が追加されてしまいます。これでは3Dプリントした後に、サポート材の除去が大変です。

ネットで探していたところ、こちらのサイトが参考になりました。

ChiTuBoxの使い方(NG録さんサイト)

 

以下、かぼちゃのデータで今回やったサポート追加をお見せしますね。

まず、かぼちゃを水平から傾いた状態にしました。これは「T」よりも「Y」の形状の方が、垂れにくくなるためです。

 

繰り返しですが、手動でサポート材を追加するのは今回が初めてです。

まず、下記画像の①を選択すると、下の画面が登場します。一番下の黄色枠部分が選択されていれば、手動でサポート材を追加できます。

 

次にかぼちゃを拡大させ、スクロールバーで下部をクローズアップしました。

拡大・縮小はマウスのポインターを回転させればできます。

 

オブジェクトの回転方法

「右クリックしながらドラッグ」でできます。

 

サポート材をつけたいところにカーソルをあてると、緑色の横線があらわれますので、クリックすると、サポート材が1本追加されます。

 

緑色の横線が現れるのに、クリックしてもサポート材が追加されないことがあります。これは、ソフトが追加不要と判断しているためか、スペースが足りなくて追加できないかのどちらかです。

 

もしサポート材を削除したい場合は、右下の黄色枠をクリックし、削除したいサポート材をクリックします。すると、該当のサポート材が赤くなりますので、「Delete」を押せば削除できます。

 

このようにして、下部に集中してサポート材を追加しました。

 

ここまで操作して、ここからラフトを追加できないことに気づきました

サポート材の追加ボタンを押すと、「(手動で追加した)サポート材を削除しますか?」というメッセージが出ます。

 

もう一度、NG録さんのChiTuBoxの使い方を見ると、NG録さんもラフトを追加していませんでした!

そうか、ラフトなしでも大丈夫なのか、と理解し、下部にサポート材をもう少し追加しました。ラフトがない分、サポート材を多めにして、ビルドプレートから落下するのを防ぐためです。

 

下側から見て、これなら落ちなさそうだと思えるまで、サポート材を追加しました。

よくみると、サポート材の設置部分は平たくなっているので、サポート材1つ1つにラフトがついているとも言えますね。

 

おそらくこれで大丈夫ということで、サポート材の追加は完了です。

 

スライスします。

 

スライスが完了すると、次の画面が現れます。

 

※以前は下記のようなおちゃめな表示でしたが、更新によって改善されたようです。

以前の表示

 

かぼちゃのプリント時間は約5時間半です。



EPAX X1でハロウィンかぼちゃを3Dプリント

ここからは光造形の3DプリンタEPAX X1でプリントします。

 

愛用しているEPAX X1

 

 

プリント開始1時間後

落下せずに順調にプリントされています。

 

プリント開始3時間後

蓋を開けて冷やっとしました。細い形状ですので、自重で落下してしまいそうです。これ以降は、一時停止せず最後まで見守りました。

 

プリント完了(5時間後)

プリント成功です!!

落下してしまうのでは・・・と心配でしたが、ビルドプレートにしっかりくっついています!!!

 

水洗い後。さわるとぷにっとする柔らかさ。この細さなら当然ですよね。いまはがすと壊れてしまいそうですので、二次硬化後にビルドプレートからはがすことにしました。

子どもがどんな反応をするか楽しみです(^^)

 

無理やりハロウィンに間に合わせた感じですが、Fusion360でかぼちゃのモデリング&3Dプリントができました。

来年は3DCGまでできるようになっていたいです。

 

Fusion 360 マスターズガイド ベーシック編

Fusion 360 マスターズガイド ベーシック編

小原 照記, 藤村 祐爾
3,218円(11/20 22:27時点)
発売日: 2018/08/09
Amazonの情報を掲載しています

 

作って覚える Fusion 360の一番わかりやすい本

作って覚える Fusion 360の一番わかりやすい本

堀尾 和彦
3,080円(11/20 16:36時点)
発売日: 2017/11/28
Amazonの情報を掲載しています

 

 

 

 

RELATED

スポンサーリンク