【NOVA3Dスライサーソフト】Novamakerの使い方を画像19枚で徹底解説

スポンサーリンク

今回の記事では、NOVA3D・3Dプリンタの専用スライサーソフトNovaMakerの使い方をご紹介します。

次の方におすすめです。

  • NOVA3Dの3Dプリンタを購入した
  • Elfinを購入した or 購入を考えている
  • NovaMakerのマニュアルがわかりづらくて困っている

 

なお、NovaMakerのソフトとマニュアルはこちらからDLできます。

https://www.nova3dprinter.com/docs/software.html

3Dプリンタを買われた場合は、付属のUSBにソフトが入っていますが、NovaMakerマニュアル(英語)は付属されていないので、上記URLからダウンロードするか、この記事を参考にしてみてください。



Novamakerの使い方・基本操作

ソフトを立ち上げると次の画面になります。

ほかのスライサーソフトと似ていて、左側にアイコンが並んでいます。それぞれの機能は画像の通りです。

 

【例】

■サイズ変更■

まず、オブジェクトをクリックすると、灰色→紫色にかわります。紫色にならなければ、オブジェクトが選択されていないことになります。

サイズ変更では「Scale All」にチェックが入れて、X、Y、Zどれかを変更すれば、一括でサイズ変更できます。

画像でピンク色の部分は、はみ出ている部分です。すべてが紫色になるように配置する必要があります。

 

■回転させる■

もう1つ例をあげると、回転させたい場合も、X、Y、Zの矢印をクリックすると、オブジェクトが回転します。

元に戻したい場合の操作は、パソコンと同じで「CrtL+Z」となります。

 

NovaMaker:サポートを追加する

左側のアイコンのうち、下から2番目が「サポート追加」のアイコンです。

サポート追加」のアイコンをクリックすると、下記プロパティ画面が開きます。

自動・手動どちらでサポートを追加するか選べます。

 

ちなみに、サポートのプロパティ画面を閉じたい場合は、再度、サポートアイコンをクリックします。

 

NovaMaker:ラフトを追加する

最初、わからなくて戸惑ったのがラフトでした。

下記画像の赤枠「Add+Update Whole Support」が「ラフト追加」です。

  • Rectangleは四角いラフト
  • Circleは円形ラフト

となります。

下の画像は、Rectangleを選んでラフトを追加した状態です。

 

初めての方向けに補足しておくと、光造形では、造形物をZ軸から3~4mmあげた状態で、ラフトを追加するのがおすすめです。

上の画像で、赤色の線がサポートです。サポート材をつけないと、造形物とラフトがくっついてしまいますので、ご注意ください。

 

関連記事

【3Dプリンタ】光造形とFDMの違いを比較(原理、精度、サポート設定)

 

NovaMaker:スライスする

サポート、ラフトをつけたら、今度はスライスします。

 

初めての方に補足・スライスデータとは?

スライスとは、シンプルにいうと、3Dプリンタが受け取れる状態にデータを変えてあげることです。

受け取れるとは、読み取れるだけでなく、3Dプリンタにとって必要な情報がわかる状態です。

 

STL形式で3Dという立体モデルはできあがっていますが、これを立体にする場合、どれくらい時間がかかるかはSTLデータではわかりません。

そこで、スライスという名前の通り、データを設定した積層ピッチ(Elfinの場合は最小が0.025mm、デフォルトが0.05mm)でスライスしていき、どれくらい時間がかかるかを計算します。

とことんシンプルにいえば、遊園地で使うチケットがスライスしたデータで、現金がSTLデータです。

 

長くなりましたが、サポート・ラフト処理が終わったら、スライス処理をします。

画面一番下の「Slice Config」をクリックします。

 

すると、次のプロパティ画面が登場します。

②~⑤の順に進んでください。

積層ピッチや露光時間など、細かい設定は④でやります。

私はNova3D専用レジンを使いましたので、ここはデフォルト設定のままいじりませんでした。

 

上の画像で、⑤をクリックすると、CWS形式でファイルを保存する画面が開きます。

フォルダにファイルを保存すると、以下のスライス処理中の画面になります(数秒~十数秒で終わります)。

 

「OK」をクリック。

 

これでスライス完了です。

次は、データを3Dプリンタ本体に送ります。



NovaMaker:データを送る方法

大きく2つあります。

  • USBを使う
  • インターネット接続する(有線、Wi-Fi)

 

シンプルなのは、USBを使うことです。

先ほどのCWSデータをUSBに保存して、プリンタ本体に差し込めばOKです。

Wi-Fi接続したい方は、次を参考にしてください。

 

NovaMaker:Wi-Fi接続でデータを送る

Elfinで一番苦戦したのがWi-Fi接続でした。

ここはマニュアル通りにやっても一発でうまくいかず、あれこれトライしているうちに、気づくと接続されていました。

わたしは下記の順番で試したらうまくいきました。

一度でダメでも、何回かやってみてください。

 

①3Dプリンタ本体でWi-Fi接続する

「Setting」→「Network Setting」でお使いのWi-Fiのパスワードを入力します。

Elfin User Guide

 

なぜか、「Connect」を押しても何も変化しませんでしたが、接続されているようでした。何度か繰り返しました。

 

②スライサーソフトに戻り、画面上の赤枠をクリックします。

 

③次の画面になりますので、①→②→③の順番に進みました。

【注意】これはWi-Fi接続の場合です。有線の場合は、ユーザーマニュアルのp14(Novamakerマニュアルp14にも同じ記載あり)の通りにやってみてください。

 

 

次の画面が表示されますので、3Dプリンタ本体に表示されているIPアドレスを入力します。

 

次の画面がでれば接続完了です。

 

④スライスしたデータをNovaMakerからプリンタ本体に送ります。

「Printables」を選びます。

CWSデータをNovaMakerに読み込んで、スタートボタンを押すと、CWSデータがプリンタ本体に送られ、プリントが開始します。

 

▼ごちゃごちゃしていてすみません…。

 

これでプリントがスタートします。

 

NovaMaker:【その他】PCから操作する方法

USBでデータを送る方は読み飛ばしてください。

インターネット接続の場合、NovaMakerでプリント開始したり、状況を確認できたりします。

NovaMakerを開いた状態で、先ほどと同様に、下の赤枠をクリックします。

 

「PrintJobs」では、プリントの進行状況を確認できます。

 

こんな風に、いまどの部分を露光しているのかわかります。

 

「Printers」では、Novamakerから直接、プリンタのZ軸高さを調整したり、各パラメータを変更できます。

わざわざ本体まで移動しなくていいので、便利な機能です。

 

駆け足でしたが、以上がスライサーソフトNovaMakerの使い方です。

 

慣れると、複雑ではありません。

Wi-Fi接続でデータを送れるので、使い方を覚えてしまえばとても便利です。

 

 

 

 

 

RELATED

スポンサーリンク

公開日:2019年12月26日