QIDI TECHの大型光造形S-Boxが登場!海外レビューをまとめました

スポンサーリンク

 

3Dプリンタで定評のあるQIDI TECHから、ついに出力サイズの大きい光造形3Dプリンターが登場しましたね!

QIDI TECHの新しい光造形S-Boxが気になったので、海外情報を調べてみました。

ポイントをまとめると次のとおり。

 

10万円未満の大型光造形

✅サイズは縦・横はこれまでの約2倍高さは1.3倍

✅ステッピングモータードライバTMC2209を搭載、静音を実現

✅頑強なZ軸

✅匂いを抑えるフィルターつき

 

2020年7月末にリリースされたばかりで、まだ情報が限られています。

セラースプライトという有料ツールで調べたところ、US Amazonでは、

・2020年8月に40台販売

・2020年9月に359台販売

という人気ぶりでした。

 

私はQIDI TECHがはじめにリリースした光造形Shadow5.5Sを持っています。

Shadow5.5Sが気になる方は下記記事もご覧になってみてください。

QIDI TECHの大型光造形・S-Boxの全体像

出力サイズ

215mm×130mm×200mm(高さ)とこれまでの光造形よりもかなり大きくなっています。

参考に、QIDI TECHのこれまでの光造形と比較したのがこちら。

S-Box 215×130×200mm
Shadow5.5S 115×65×150mm
Shadow 6.0 pro 130×70×150mm

 

レベリング

レビューにはレベリングペーパーが附属されているとありましたので、これまでのQIDI Shadowと同じく、ペーパーでレベリングでします。

出典:QIDI TECH

 

10.1インチのスクリーン

出力サイズが大きいのだから当然ですが、スクリーンも大きいです!

10.1インチ、つまり約25cm。

通常タイプでは、4.3インチ(10cm)~5.5インチ(14cm)くらいですね。

 

Z軸精度

2本のリニアレールに工業レベルのボールねじを採用しており、Z軸精度は0.00125mmとなっています。

出典:QIDI TECH

 

ステッピングモータードライバにTMC2209を使用

S-BoxはTMC2209を備えた初のZ軸とのこと。

(英語:S-BOX is the first Z-axis motor equipped with TMC2209 drive intelligent chip.

TMC2209とは、超静音のステッピングモータードライバのことです(⇒参照

3Dプリンタ出力時の音が抑えられるので、一晩中稼働させたい時にありがたいですね。

US AmazonのQIDI S-Boxの説明にも、静かであることがアピールされています。

出典:QIDI TECH

海外のYouTubeを見てみると、

FDMタイプの3DプリンターAnycubic i3 Megaの稼働音を静かにするために、TMC2209ステッピングモータードライバに切り替えている事例がありました▼

 

第三世代のmatrix parallel光源を使用

出典:QIDI TECH

 

照射がより均一に、出力がより正確になっています。

QIDI TECH S-Boxの海外レビューまとめ

US Amazonでは2020年7月末にリリースされたばかり。

これまでに9件のレビューがついています(2020年10月2日時点)。

すべて5つ星で「満足している」というコメントでした。

レビューをもとに、メリット・デメリットをまとめました。

デメリットについては、デメリットというよりも注意点に近い内容になっています。

 

満足なコメント

 

  • 出力サイズが大きい
  • レベリングが簡単
  • 稼働時の音が静か
  • USBポートの位置がレジンタンクの下部でないため、USBポートにレジンが付着する心配がない
  • Shadow(QIDIのこれまでの光造形)でみられたelephant’s foot(底面が末広がりになる現象)はなかった
  • カスタマーサービスの対応が早く、通常12時間以内に返答がある
  • 開封から40分で3Dプリントを開始できた
  • この出力サイズでこの価格帯はほかに見つけがたい
  • Z軸が頑強で安定している
  • ほとんど匂いがなく(内部フィルターがついているため)、換気扇を回すだけでOK

 

4つ目のコメントについては、下記写真をご覧ください。USBポートがパネル部の前方に設置されています。

出典:QIDI TECH

 

最後のコメントについては、ちょっとわかりづらいかもしれませんが、バットの奥2箇所に活性炭フィルターが設置されています。

出典:QIDI TECH

 

Shadowシリーズにも同じフィルターが設置されていて、確かに匂いはありません。S-Boxも匂いがないのは本当だと思います。

 

わたしが他機種を使ってきた経験から、

光造形を使ったことある方にはすごく簡単

3Dプリンタや光造形が初めての方は、他社同様、慣れるまでに時間はかかるけど簡単

ということがレビューから読みとれました。

不満なコメント・注意すべきこと

 

  • ビルドプレートには穴があることが従来の光造形と違う。配置について注意する必要あり
  • バットを取り外すとき、手が大きい人だとやや狭く感じる
  • カバーのヒンジ部分がもろく感じる。強固ではない(注意して使えば問題なし)
  • バットを取り外すときにフィルムが引っ張られる感じが時々ある
  • 従来の光造形よりはるかに重い

 

ビルドプレートはこれまでのタイプと異なり、穴があいています。

出典:US Amazon レビューアー(Brian G.)

 

また、2つめのデメリットに挙げられている、バットを取り外すときの不便については、下の写真をみるとわかります。

出典:US Amazon レビューアー(wills)

▼下の写真のとおり、QIDI TECHのこれまでのシリーズでは蓋を開けると、バットのネジ周囲には障害物はありません。これに対し、S-Boxでは壁やパネル部分がありますね。

私が持っているShadow5.5Sのバット周りの様子

 

QIDI TECHで迷う方にひとつお伝えしたいことは、カスタマーサービスの評判が圧倒的に良いことです。

私はまだ相談したことはありませんが、「QIDI TECH=アフターサービスが神」といっていいくらい、トラブル対応が早いです。

基本、英語でのやりとりになりますが、問い合わせから24時間以内に対応してくれます。

QIDI TECH S-Boxの主な仕様

出力サイズ 215×130×200mm
光源 UV-LED(405nm)
XY解像度 0.047mm
Z軸精度 0.00125mm
推奨の積層ピッチ 0.025-0.1mm
スライサーソフト ChiTuBox
ステッピングモータードライバ TMC2209を使用
データ送付 USB

 

QIDI TECHホームページには詳細は公表されません。US Amazonの情報を参考にしました。

▼日本アマゾンのぺージ

 

わたしがShadow5.5Sを買ったときはミニレジンが附属でついていましたが、US Amazonでは付属レジンはなしとなっていました

日本アマゾンでも同じかどうかはわかりませんが…。

 

初めて光造形を買われる方は、QIDI TECHのこれまでの光造形Shadowシリーズのレビュー記事もあわせてご覧ください。

あらかじめ用意しておいた方がよいものも書いていますので、参考になると思います。

 

熱溶解(FDM)と光造形の違いなどについては、こちらの記事が参考になると思います。

 

3Dプリンタの原理をわかりやすく解説した記事はこちら▼

 

おすすめな光造形のまとめはこちら▼

 

RELATED

スポンサーリンク

公開日: