Fusion360格闘中(CAD初心者の挑戦)

スポンサーリンク

Fusion360を独学中

この本を使って、Fusion360を勉強しています。

CADの知識ゼロから、2章のペン立てのモデリング完成まで2時間でできたので、その後の章も1日1時間ずつ手を動かしていけば楽勝・・・と思っていました。すみません、CADをなめていました!

3、4章を飛ばして、5章のクマのチョコレートの型に挑戦中です。5章に4時間かけていますが、まだマスターできていません。

ようやくここまでモデリングできました(ここまでくるのに計6時間)。

くまのチョコレートの型では、本の通りにいかず、最初に戻るを5回くらい繰り返して、ようやくここまで。あとちょっとというところで、本日は時間オーバーです。

私はまだまだCAD初心者。このような、くまのモデリング、どうやると思いますか?

まず、

①クマの下絵(2次元データ)を用意します。

②下絵をFusion360に挿入して、顔のふちにそって曲線をかきます。←曲線を描くための「スプライン」という操作に苦戦しました。

③平面の曲線を、次に立体にします。これで顔部分が出来上がり。

④次に、耳、目、ほっぺを追加していきます。

 

①~④の過程で、

平面の形状を用意する→「押出し」という機能を使って立体化する

この操作を何度か繰り返しました。

CADでは、

スケッチ(コマンドのこと)→平面の形状を描く

作成(コマンドのこと)→立体形状にする

という当たり前の操作が土台にあるんだな、ということがでわかってきました。これは手を動かさないとわかりにくいです。

CADを学ぶとモノを見る見方が変わる

まだまだですが、CADを学ぶと、次のようなことを自然に体得できる気がします。

・XYZ軸の立体感覚が身につく

・あるオブジェクトを見て、どうやればこの形状を作れるだろうか?と考える癖がつく

 

いずれにせよ、頭をよく使うようになるのは間違いないでしょう。

ある対象のモデリングの仕方について、「さっぱりわからない」という状態から、

「押出し」を使うのかな?「ミラー機能も使える」など、引き出しが少しずつ増えてきました。

といっても、「一体どういう風にモデリングするんだろう?」というの方がまだ多いです。

 

Fusion 360マスターガイドで学ぶ際には初期設定にご注意

この本で記載されているモデリングの動画は、こちらのページから確認できます。動画もわかりやすいですが、私は本を愛用しています。

これからこの本を使ってFusion360を学ばれる方は、最初にp27にある「基本設定」(規定のモデリング方向)を本の通りにしてから進めるのがお勧めです。

私はしばらくの間、初期設定の違いに気づかず、本の通りにやってもXYZ軸の表示がずれてしまい苦戦しました。p27の設定にすればスムーズに学べるはずです。

次回は3章の「コマ」をモデリング、造形して、子供とコマ対決します!

RELATED

スポンサーリンク