3Dプリンタのオーバーハングって何?【Adventurer3で実験してみた】

スポンサーリンク

こんにちは、あゆみです。

子どもの教育用に3Dプリンタを使っていますが、日々、いろいろ失敗しています。

あわてて3Dプリントを開始したときに、いまだにやってしまうのがオーバーハングの防止ミス。

そもそも、オーバーハングとは何でしょうか?

 

今回の記事でわかること

●オーバーハングとは何か?

●オーバーハングのプリント失敗例

●Adventurer3は何度のオーバーハングまで耐えられるか実験した結果

 

こんな方に向けて書いています

  • 3Dプリンタを始めたばかりの方
  • これから始める方

早速みていきましょう\(・●・)/



3Dプリンタのオーバーハングって何?

オーバーハングとは突き出た部分のことです。

典型的なのはT字の屋根の部分です(赤丸)。支えがないので、サポート材をつけてあげないと、垂れてしまいます。

上のようなT字や90度の傾斜の場合は、サポート材が必要になります。

下のような傾斜ならサポート材をつけなくても大丈夫です。

支えがなく、突き出た部分(オーバーハング)のプリントは、一般に45度の角度まではサポート材不要ですが、45度を超える場合は、サポート材が必要になります。

これがいわゆる「45度ルール」と呼ばれる制限です。

ただ、どの角度までサポートなしで大丈夫かは、3Dプリンタの機種によって異なります。

オーバーハングのプリント失敗例

T字型なのに、うっかりそのままプリントして失敗したのがこちら。

 

あわててプリントをスタートさせたときなど、わたしはいまだにこういうミスをやらかしています。

土台がないので、うにょうにょに垂れてしまいました。

この立体の場合は、最初から横に寝かせて3Dプリントすれば、オーバーハング問題をクリアできます。

 

オーバーハング部位はサポートをつければ、垂れることなくプリントできます。

しかし、細い部分はサポート材をのぞくときに折れやすく、できればサポート材なしでプリントしたい人も多いと思います。

たとえば、恐竜の細い首など▼

サポートを取った瞬間、首がポキッと折れ、「!※★!$?▲!」とショックを受けることしばしば。

繰り返しですが、どの角度までサポートなしで大丈夫かは、3Dプリンタの機種によって異なります。

そこで、現在使っているFDMの3DプリンターAdventurer3がどの角度までオーバーハングに耐えられるか、実験してみました!



Adventurer3による実験と結果

fusion360で3Dデータを用意する

45度、30度、25度のオーバーハングでプリントしたらどうなるかを試してみました。

3Dデータはfusion360でつくりました。

スケッチと押出し機能をマスターしていれば、簡単につくれます。

30度に角度を設定して、押し出すだけ。

 

これは角度が25度のもの。

 

スライサーソフトで傾斜が45、30、25度となるように配置し、サポートをつけずにプリントしました。

(高さを合わせるのを失念しました)。

 

実験結果

意外な結果となりました。

Adventurer3の場合、45度はもちろん問題なく、25度まで垂れませんでした。

テストデータの高さを合わせるのを忘れているのはスルーしてください💦)

ただ、傾斜面を観察すると、25度は30度よりも、粗くなっています。

オーバーハング25度

 

オーバーハング30度

 

写真では伝わりづらいですが、Adventurer3の場合、45度、30度、25度の順番に傾斜面の積層跡が目立ちやすくなりました。

垂れ始める角度を知りたい方は、20度、15度で検証してみるといいと思います。

 

オーバーハングで垂れないようにするためには、フィラメントの温度を下げるのも有効のようです。

私はまだ試していませんが、サポートをつけずにプリントしたい方は、温度を下げてみるのもいいかもしれません。

 

引きつづき3Dプリンタライフを楽しみましょう\(・●・)/

 

 

 

 

RELATED

スポンサーリンク

公開日: