3歳(年少)向け通信教育おすすめ3選を比較!知らないと逆効果になる注意点も解説

スポンサーリンク

この記事では、国内外たくさんの教育本を読んで研究してきた私が、3歳(年少)の通信教育でどれが良いか徹底比較しました。

●3歳で幼児向け通信教育を選ぶときに押さえておくべきポイント

●周囲の声にまどわされず、今知っておくべきポイント

この2つのポイントについて、教育本で得た知見をもとにしっかり解説しました。

 

子供の教育は1回きり。やりなおしはききません。

だからこそ、「もっと早くに知りたかった!こんなはずではなかった!」とならないために、確かな根拠とデータが得られる書籍で毎日勉強しています。

これまで読んだ本のおすすめ厳選はこちらに書いています。

 

結論から先にお伝えすると、ニーズ別のおすすめ幼児向け通信教育は次のようになります。

5年後、10年後をみすえて教材を選びたい

考える力をつけたい

Z会幼児コース
オールマイティなものがいい

楽しさを重視

こどもちゃれんじ
安さを重視 月刊ポピー

 

わたしのいちばんのおすすめはZ会ですが、その理由がわかるように、

  • 通信教育選びでの注意点
  • つづけるコツ

についてはじめに解説しています。

 

お子さんに合うか合わないかは、体験してみないとわかりません。

しかし、教材を体験して、比較しただけではわからないことがたくさんあるのも事実

この記事では、あなたが絶対に失敗しないために国内外の信頼できる本に書かれている事実をもとに書きました

 

育児で忙しい毎日。教育本をたくさん読むなんて大変ですよね。

安心してください。本を読むのが大好きな私が、代わりに丁寧に解説していきます。

あゆみ
あゆみ
教育本をもっと読んだ方がいいのわかっているけど、忙しくて本を読めない!という方の参考になれば幸いです。

 

3歳(年少)の通信教育選びで注意すること【知らないと逆効果】

3歳の幼児教育の教材選びで注意したいのは次の2点です。

難易度の低いものを選ぶ

遊び・体験を大切にする

 

当たり前でしょ!と思われるかもしれませんが、

いざ通信教育選びになると、どうしても内容にばかり意識がいってしまう方が多いのです💦

難易度の低いものを選ぶ

3歳の通信教育は、「できて当たり前!」と思う難易度の低い教材を選ぶのがポイントです。

これは、子どもに勉強にはまってもらううえでとても大切なこと。

 

親から見て簡単すぎる教材を使うことで、お子さんは

「自分はできる!」という達成感ワクワクを感じます。

 

反対に、親が「こんなのできてほしいな」と思って、少し難しめのものを買っても、はまってくれないどころか、楽しくないので逆効果です。

下手すると、勉強嫌いにさせてしまうので注意してください。

 

こちらの本にも書かれていますのでぜひ参考にしてください。

育児のヒント満載で本当におすすめです♪

世界トップ機関の研究と成功率97%の実績からついに見つかった!  頭のいい子にする最高の育て方

世界トップ機関の研究と成功率97%の実績からついに見つかった! 頭のいい子にする最高の育て方

はせがわ わか
1,650円(03/30 09:06時点)
発売日: 2018/05/19
Amazonの情報を掲載しています

 

遊び・体験を第一に

アメリカの心理学者ターマンの言葉に「知能は抽象的思考力に比例する」があります。

あゆみ
あゆみ
ちょっとわかりづらいですよね。

 

わかりやすく言うと、

目の前にないものをどれだけ具体的に想像できるかが知能と比例するということです。

 

こちらの図のように、学びは具体⇒抽象へと少しずつ移行していきます。

 

ボール5個を置いて、目の前で2個隠して「いくつになった?」というのは、見えているのでわかりやすいです。

ボール5個を置いて、「ここから2個隠したらいくつになる?」と聞かれると、子どもの目の前にはボールが5個あるので、とたんに難しくなります。

さらに、「みかんが2個、ぶどうが2個、あわせていくつ?」は目の前にないのでさらに抽象的

算数の「2+2=4」はもはや想像の域をこえてしまうわけです。

 

目の前にないものを、どれだけ具体的に想像できるかが、頭のいい子の特徴の1つです。

 

抽象的に想像する力をつけるうえで、とても大切なのが遊び

おままごとや、ヒーローごっこ、絵本などは想像遊びとしてとても有効です。

 

遊びを通じた具体的な体験をプリントなどドリルで抽象化し、自分の中に落とし込んでいきます。

具体を抽象化するのにドリルを使うとよいのがまさに3歳ころ。

 

ですので、具体的な体験が足りないと、いくら教材をやって、説明しても理解できません。

あゆみ
あゆみ
それほど、幼児期の遊び・体験は大切ということです。

 

さきほど紹介した『頭のいい子にする最高の育て方』の本にも、

教材で解けない問題は、遊びや生活などで具体的な経験を増やしてあげることが一番大事、と書かれています。

 

子供に通信教材を続けてもらう2つのしかけ

あゆみ
あゆみ
通信教育を始めたくても、子どもが続けてくれるか、教材がたまらないか心配ですよね。

 

通信教育を続けてもらうには2つのポイントがあります。

①簡単なものから始める

②子供に選んでもらう

 

①簡単なものから始める

通信教育の難易度や進度はいろいろ。

あゆみ
あゆみ
私も経験ありますが、つい「こんなのやってほしい!」と上の年齢のドリルを買ってしまって逆効果になる、いたーい経験ありますよね💦

 

繰り返しになりますが、

「ちょっと簡単すぎ?」と思うものからはじめましょう。

 

東大生の1/3が通っていた公文式でも、はじめは「教えなくてもできるレベル」からスタートします。

これは、「教えてもらわなくても自分でできる!楽しい!」と思わせて、自分で勉強させる習慣づけを狙っているからです。

詳細は『なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか?』に書いてあります。

 

②子供に通信教材を選んでもらう

気になる通信教育の資料をすべて取り寄せて、

子どもに資料や体験教材を見せて、選んでもらうのがおすすめ。

 

勉強好き、自分が勉強する習慣をつけたいのであれば、

外から動機づけするのではなく、自分で自分を動機づけるのが大切なことは、エドワード・デシも言っています。

あゆみ
あゆみ
ご褒美で勉強させることに警笛を鳴らした人で有名ですね。

 

子供が自分で決めた瞬間のワクワクこそが、勉強に取り組むモチベーションになるのです。

そのチャンスを作るためにもいきなり入会せず、必ず資料請求しましょう

 

あゆみ
あゆみ

複数の通信教育で資料を取り寄せて、お子さんに「どれがいい?」と聞いてみましょう

体験教材が届いたら、どこから手をつけるかも、子どもに選ばせてあげましょう

 

 

3歳(年少)の通信教育おすすめ3選

3歳のお子さんにおすすめの通信教育を3つ厳選しました。

ポイントをまとめると次のとおりです。

3歳におすすめ通信教育
月額 ポイント
Z会幼児コース 1,870円 ●体験重視のプログラム

●考える力を重視

●難易度はあえて易しめ

こどもちゃれんじ 1,980円 ●遊びの中で自然と勉強させる仕組み

●勉強だけでなく自立・成長をサポート

●通園タイプで教材を選べる

●3歳から英語を学べる

月刊ポピー 980円 ●もっともリーズナブル

●付録はなくシンプル

●机に向かう習慣づけに

 

繰り返しですが、

すべて資料請求して、お子さんに選んでもらうのがおすすめです。

といっても、「付録はいらない!」など親側の事情もありますよね💦

 

1つにしぼって資料請求したい方向けに、ニーズ別にまとめたのがこちら。

5年後、10年後をみすえて教材を選びたい

考える力をつけたい

Z会幼児コースの資料請求をする
オールマイティなものがいい

楽しさを重視

こどもちゃれんじの資料請求をする
安さを重視 月刊ポピーの資料請求をする

 

5年、10年後を意識して、「いま大変だけど、後で楽をしたい!」とお考えの方には、わたしはZ会がいちばん良いと考えています。

 

理由は、親子でできる体験型教材がもっとも充実しているから。

 

新しいことを学ぶとき、脳はすでに知っていることと関連付けてものごとを理解しようとします。つまり、

学習において、賢さよりも事前に得ている経験の方が重要です。

 

これは、アップルの教育担当ジョン・カウチの本にも書かれています(⇒詳しくはこちら)。

 

 

そうは言っても、会社勤めで朝も夜も時間もない!という忙しい方にとって、Z会は親の負担が大きいのも確かです。

以下、それぞれさくっと解説していますので、生活リズムや目的に合わせて参考にしてください。

 

1位:Z会幼児

出典:Z会

繰り返しですが、わたしのいちばんのおすすめはZ会です。

Z会は、

●体験を重視

●考える力を重視

●実体験⇒ワーク学習

前半で書いた3歳の子どもに大切なポイントをすべてクリアしています。

 

リアルな体験で得られる生きた知識

あゆみ
あゆみ
バーチャルやDVDでやった気になるよりも、

実際にやってみる体験の方が大切なことはたくさんの教育本に書かれている事実

 

この時期に、どれだけ時間をかけて子どもと実体験をつむかが、あとあとじわじわと効いてくるといっても言い過ぎではありません。

 

たとえば、キッチンで一緒にキュウリを切るという経験。

斜めに切ったときと、垂直に切ったときでは断面が違うというリアルな体験こそが、高学年や中学入試の図形問題でいきてきます。

 

わが家でもなるべく一緒にキッチンで作業しています。

じゃがいもをスライスしているところ

 

Z会の『ぺあぜっと』には、親子で取り組める体験がいっぱい載っているので、「具体的にどんなことしたらいいだろう?」とお悩みの方にも安心です。

出典:Z会

 

出典:Z会

 

『ぺあぜっと』は3歳では月4回。週末に親子で過ごす時間にぴったりです。

 

 

幼少期から論理を学べる教材

出典:Z会

 

論理とは、具体を抽象化できる力です。

これは、情報を整理して、正確に伝えるためにとても大切な力です。

 

幼児、とくに2、3歳から論理を学ぶ大切さについては、『論理の力』に書かれています(小学校に入学してから読むと後悔する可能性ですのでぜひ今のうちに!)。

2歳から12歳の脳がグングン育つ!論理の力

2歳から12歳の脳がグングン育つ!論理の力

出口汪
1,430円(03/30 08:27時点)
発売日: 2019/05/07
Amazonの情報を掲載しています

 

Z会幼児コースでは、年少から論理のプログラムを取り入れています。

子供が論理を学ぶ理由『論理の力』については、こちらに詳しく書いています。

 

『かんがえるちからワーク』は月24回なので、学習習慣をつけるのにちょうどいいボリュームです。

 

出典:Z会

 

教材の難易度は易しめ

Z会は、教材の難易度をあえて易しめにしています。

それは、

●学ぶことは楽しい

●わかるからもっとやりたい

 

と、達成感をモチベーションとして、「もっとやりたい!」という意欲を引き出すことを狙っているからです。

あゆみ
あゆみ
ですので、「Z会は進度がゆっくりで、難易度低めだから」という理由で、ほかの教材にするのはとてももったいないです。

 

長い目で見て、本当の意味で勉強好きなお子さんにさせたいのなら、親はたいへんですがZ会がいちばんおすすめです。

 

Z会幼児コースのまとめ

月額 1,870円(1年一括の場合)
入会金 0円
ポイント ●体験重視のプログラム

●考える力を重視

●難易度はあえて易しめ

1ヵ月から受講できます♪

 

今すぐZ会幼児コースの資料請求をする

幼少期には他の教材と「差」は感じられなくても、あとあと、ボディブローのようにじわじわ効いてくるのがZ会の特徴。

Z会の体験プログラムには、中学受験につながるテーマも用意されていますので、5年、10年後を考えたらZ会しかないなと思います。

 

2位:こどもちゃれんじ

出典:Benesse

 

届いた瞬間、子供の開きたい!やりたい!を重視しているのがこどもちゃれんじ

2年連続、幼児向け通信教育部門で1位を獲得している、ゆるぎない実績がある知名度ナンバー1の幼児教材。

出典:Benesse

 

こどもちゃれんじのおすすめポイントは、

●教えなくてもひらがなを自然に覚えちゃう

●生活習慣がつく

●通園タイプによって教材を選べる

 

の3つ。

総合力はかなり高めですが、長い目で見た効果を考えて、Z会に次ぐ2位にしました。

 

教えなくてもひらがなを覚えちゃう

3歳頃になると、周囲には公文に通い始めるお子さんもいて、習得度が気になり始める時期ですよね。

こどもちゃれんじは、親が教えなくても、子どもが自然とひらがなを覚える仕組みがあります。

出典:Benesse

 

音声タッチペンをあてると、ひらがなをしゃべってくれるので、遊んでいるうちにひらがなを覚えられます。

出典:Benesse

 

子供にとっては「遊んでいるつもり」。

遊びの中に、さりげなく勉強が散りばめられているのがこどもちゃれんじの特徴です。

 

生活習慣がつく

着替えやトイレトレーニングなど、自立を助けるしかけや付録が充実しているのもこどもちゃれんじならでは。

出典:Benesse

お子さんの年齢にあわせたテーマが取り上げられるので、勉強だけでなく子供の成長をトータルサポート

実際に、3歳までにこどもちゃれじをやっていてよかった!というお母さんたちの感想で、

生活習慣のプログラムがよかった!

トイレトレーニングは超助かった!

という声は多いです。

 

通園タイプで教材を選べる

さすがこどもちゃれんじ、と思うのが、通園タイプによってそれぞれ教材が用意されていることです。

出典:Benesse

 

とくに、保育園に通う朝も夜もあわただしいお母さんにとって

●生活習慣サポートがある

●教えなくても勉強してくれるしかけ

のあるこどもちゃれんじは強い味方です。

 

 

こどもちゃれんじのまとめ

月額 1,980円(1年一括の場合)
入会金 0円
ポイント ●遊びの中で自然と勉強させる仕組み

●勉強だけでなく自立・成長をサポート

●通園タイプで教材を選べる

●3歳から英語を学べる

 

最短で2ヵ月から受講可能ですが、2020年4月6日までに入会すれば、1ヵ月のみの受講が可能です✨

今すぐこどもちゃれんじの資料請求をして無料体験教材をもらう

資料請求すると無料体験教材をもらえるので、いきなり入会はせず、さきに資料請求しましょう。

 

3位:ポピー

出典:月刊ポピー

 

●リーズナブル

●机に向かう学習習慣

この2つがポピーの特徴です。

 

もっともリーズナブル

出典:月刊ポピー

ポピーは月額980円と、ほかの幼児用通信教育のほぼ半額もっともリーズナブルです。

あゆみ
あゆみ
たとえば、こどもちゃれんじ(1,980円)との差は、1ヶ月で1000円、1年間で12,000円となります。

 

通信教育が続くか自信がないから、まずは安いものから!

こんな風にお考えの方におすすめです。

 

机に向かう学習習慣づけに

ポピーは全ぺージカラーで、使っている方の声として、

●机に向かう習慣がついた

●集中力がアップした

●入学前に勉強習慣がついた

という声が多いです。

 

とくに好評なのがシールをはるワーク。

 

付録は最低限におさえ、教材はシンプルに。

通信教材でありがちな大量の付録の置き場に困る!ということはありません

 

ポピーまとめ

月額 980円
入会金 0円
ポイント ●もっともリーズナブル

●付録はなくシンプル

●机に向かう習慣づけに

 

月刊ポピーの無料おためし見本プレゼントに今すぐ申し込む

 

資料請求してみよう

3歳はかんたんな問題を楽しんでもらい、勉強を楽しんでもらうための大切な時期。

そして、この時期にどれだけリアルな体験をしたかで、小学生、中学生になったとき、新しいことを学ぶときに関連付けられる知識に大きな違いが生まれます。

わたしのおすすめはZ会ですが、できれば、

やりたい!と思うものを、お子さんに選んでもらってくださいね。

 

3歳におすすめ通信教育
月額 ポイント
Z会幼児コース 1,870円 ●体験重視のプログラム

●考える力を重視

●難易度はあえて易しめ

こどもちゃれんじ 1,980円 ●遊びの中で自然と勉強させる仕組み

●勉強だけでなく自立・成長をサポート

●通園タイプで教材を選べる

●3歳から英語を学べる

月刊ポピー 980円 ●もっともリーズナブル

●付録はなくシンプル

●机に向かう習慣づけに

 

こちらの記事もおすすめ

 

RELATED

スポンサーリンク