★セミナー開催のお知らせ(3/14)★

【2019年に読んでよかった教育本】おすすめ8選【教育改革を知ってお尻に火がついた】

スポンサーリンク

子どもが4歳になるころ、初めて「教育改革」という言葉を聞きました。

簡単にいうと、

親世代と子ども世代とで教育の内容ががらりと変わり、

「何を学ぶか」から、「どう学ぶか」に変わります。

そこで、2019年からいろいろ教育本を読み始めたところ、多くの本に共通するキーワードは次のものでした。

  • 親が古い成功事例・価値観を捨て、変わる必要がある
  • 子どもたちが大きくなる頃は、今通用するものが通用しなくなる
  • 幼児期から論理力/具体・抽象/漢字をやることが大切
  • AIを使う人材になるうえで欠かせないのが国語力と算数力

その中で特に良かったおすすめの8冊をご紹介します。

あゆみ
あゆみ

すべて「小学校前に読んでおいて良かった!」と思った本です。

参考になればうれしいです。

 



『未来のエリートのための最強の学び方』

親世代と子ども世代とで「学び方」を変える必要があること、

ぼうっとしていたら親世代は20年後に若者に仕事を奪われること、

これからは文理融合が求められること

親の古い価値観を子どもに押し付ける危険性、などが書かれています。

 

2019年の春、この本を読んでお尻に火がつきました。

あゆみ
あゆみ
それまでの私は、「子どもの興味に任せて教育していけばいい」くらいにしか考えていませんでした。

 

佐藤優さんの本を読んで、自分の古い価値観で子どもを育てていったら、子どもが貧困になるかもしれない、仕事を見つけられないかもしれない、という恐怖を感じました。

 

文理融合とは、文系と理系の垣根がなくなるということです。

医師や弁護士が貧困ビジネスになると書かれており、親世代の成功体験から、子どもを医師や弁護士にさせたいと思っている親御さんに特におすすめです。

未来のエリートのための最強の学び方

未来のエリートのための最強の学び方

佐藤 優
1,430円(02/23 17:16時点)
発売日: 2019/02/05
Amazonの情報を掲載しています

 

▼感想はこちらに書いています▼

 

『2歳から12歳の脳がグングン育つ!論理の力』

新しい時代に適応できる子どもを育てるためには、親の古い価値観、OSを変えなければならないことが書かれています。

予測できない未来を生き抜ける子どもを育てるために、幼児期から論理の習得と漢字を読みとりをやることが大切、というのがこの本のポイントです。

今でも読み返す1冊です。

あゆみ
あゆみ
子どもが小学生になってから読んで「2歳のころに知りたかった!」と後悔するよりも、小学校前に読んでおきたい本です。

 

本で書かれていることを実践したところ、5歳の息子がレストランで店員さんに何かをお願いするとき、親が伝え方を教えなくても、「〇〇がしたいので、〇〇してください」と理由と主張を自分で言えるようになりました。

2歳から12歳の脳がグングン育つ!論理の力

2歳から12歳の脳がグングン育つ!論理の力

出口汪
1,430円(02/23 10:06時点)
発売日: 2019/05/07
Amazonの情報を掲載しています

 

▼感想はこちらに書いています▼

※本の著者、出口先生の幼児教室に現在通っており、教室の感想もあわせて書いています。

 

『AIに負けない子どもを育てる』

大人も子どもも、短い一文ですら、意外と正確に読めていないことに警笛を鳴らす本です。

子供が勉強につまずいているSOSをキャッチする方法もわかります。

 

読めているつもりで、実は正確に読めていないことを確認するテストが28題掲載されています。

小6より大きいお子さんがいたら、「うちの子は大丈夫」と思っていても、親子で問題をやってみるのをオススメします。

キーワードだけ拾ってなんとなく読めた気になることを筆者は「AI読み」と呼びます。

AI読みでごまかしていると、小学校高学年で抽象的な概念が出てきたときにつまづいたり、数学で挫折する可能性があります。

あゆみ
あゆみ
子どもだと「読解力をあげよう」というインセンティブが働きにくいので、親子で問題をやり、親が子どものSOSをキャッチしてあげる必要があります。

 

AIに負けない子どもを育てる

AIに負けない子どもを育てる

新井 紀子
1,728円(02/23 14:56時点)
発売日: 2019/09/06
Amazonの情報を掲載しています

 

▼感想はこちらに書いています▼

 

『5歳から始める最高の中学受験』

勉強好きな子どもを育てるために、親が幼児期からできること、

自発的に勉強する子どもを育てるコツが紹介されています。

 

あゆみ
あゆみ
タイトルには「中学受験」とありますが、中学受験しないご家庭にも自信をもっておすすめできる本です。

 

中学受験する場合は小学校に入学するときに子どもが自分で勉強できる習慣を身につけておくことがベストとされています。

読んだ日から実践できるアドバイスが豊富です。

わが家では、この本をきっかけに、毎朝、保育園に行く前に子どもと絵本を読む時間を設け、今も続いています。

毎朝の絵本タイムを始めてから、自分から「勉強する」と言ってくれる機会が増えました。

5歳から始める最高の中学受験

5歳から始める最高の中学受験

小川 大介
1,650円(02/23 23:26時点)
発売日: 2019/09/21
Amazonの情報を掲載しています

 

▼感想はこちらに書いています▼

 

『先生、この「問題」教えられますか?』

教育改革が実施される今、

問題提起に終わるのではなく、どうすればいいのか?というヒントを教師・親に提示する1冊

最も重視するべきことは、「何を学ぶか」から「どのように学ぶか」への転換だとされています。

 

教育改革時代の教師に向けた本ですが、親が読んでも学びがあります。

むしろ、親も読んだ方がいいです。

しかし、さらっと読める本ではありません。味わいながら読んでいるため、まだ読み終わりません。

子どもにAIを使う側の人材になってほしければ、

  • 「わからない」「思い込んでいる」自分を発見する
  • 前提を変えたらどうなるか考えるか、メタ認知する視点

など、AIにはできない人間の強みを理解したうえで、AIやロボットなどテクノロジーに関する情報を教師・親がアップデートし、学び続ける必要性が書かれています。

 

子どもに最適な教育をほどこすために、どんな教師を選べばいいのか?どんな学校を選べばいいのか?など、

  • 学校
  • 教師

選びのヒントにもなります。

先生、この「問題」教えられますか? (新書y)

先生、この「問題」教えられますか? (新書y)

石川 一郎, 矢萩 邦彦
1,550円(02/23 10:26時点)
発売日: 2019/12/02
Amazonの情報を掲載しています

 

『理系が得意な子の育て方』

IT人材のニーズがますます高まる時代で、

理系に強い子どもを育てるための土台作りとして算数が大切であること

子どもが算数でつまずきやすいポイントを豊富な問題つきで解説している本です。

 

中学受験するご家庭で、算数でつまずかない対策方法を知りたい方にもおすすめです。

子どもがよく間違える算数問題がたくさん紹介されています。

あゆみ
あゆみ
親が解いてみると、事前に子どものつまずきポイントがわかります。

 

小4より大きいお子さんで、「平均点以上のまあまあの成績」の場合、特に安心できません。

この本の問題を解いてもらうことで、「平均点以上のまあまあの成績」に隠されている、お子さんの苦手ポイントを発見できます。

 

10億件の学習データが教える 理系が得意な子の育て方

10億件の学習データが教える 理系が得意な子の育て方

今木智隆
1,628円(02/23 14:17時点)
発売日: 2019/11/08
Amazonの情報を掲載しています

 

▼感想はこちらに書いています▼

『数学に感動する頭をつくる』

数学の面白さを全く知らない親が読んでも、子どもに「こんな世界を見させてあげたい!」と思う1冊です。

  • 図形を紙や鉛筆を使わずに頭の中でイメージする力
  • 未知の問題を、日常の身近なものに結び付けて、言い換える力
  • 記憶を整理して、構造化し、別の問題に出会ったときに関連づけられる、拡張する力

この3つを発達させることで、子どもが数学の面白さに目覚めることになります。

 

子どもに数学を好きになってもらい、面白さにはまってもらうために、5歳からできることが書かれています。

数学の面白さに目覚めてもらうには、根気と量が必要で、近道はありません。

数学が嫌いだった私は、この本を通じて、自分が知らなかった、とても面白そうでワクワクする世界があることを知りました。

自分の子どもには数学の面白さに気づいてもらえるよう、上手にナビゲートしてあげたいと強く思った1冊です。

あゆみ
あゆみ
「もっと早くに知りたかった!」と後悔してほしくないですので、少しでも興味がわいたら、今すぐ読んでみてくださいね。

 

数学に感動する頭をつくる (ディスカヴァー携書)

数学に感動する頭をつくる (ディスカヴァー携書)

栗田 哲也
発売日: 2011/08/16
Amazonの情報を掲載しています

 

『ケーキの切れない非行少年たち』

世界的には非認知的能力がブームになっていますが、

読み・書き・見る・聞くの「認知機能」も軽視できないことが、

非行少年たちが小さいころから認知機能に問題を抱えていた事実をまじえて書かれています。

 

最後に紹介しましたが、2019年に読んだ本で最も衝撃を受けた1冊です。

あゆみ
あゆみ
非認知的能力ばかりがクローズアップされ、もっともっと基本的な部分でつまずいている子どものSOSが見過ごされなければいいと願います。

 

本によると、子どもたちのSOSは小2から出ています。

  • 簡単な足し算ができない、ひらがなをまだ書けない
  • 小学校の勉強についていけない
  • 授業で板書のスピードが遅くついていけない

といった問題を子どもが抱えていたら、この本を読んでみてください。

『AIに負けない子どもを育てる』の新井さんもおっしゃっていますが、小学校によってはご丁寧にプリントを用意し、板書する機会が少なくなっています。

授業で板書する機会が少なく、穴埋めプリントが当たり前の場合は、中学校にいくまで問題が表面化しないことも考えられます。

本にも、小学生のころは熱心な先生のサポートで授業についていけたけど、中学校になってから途端に授業についていけず、非行に走った少年が紹介されています。

 

ケーキの切れない非行少年たち (新潮新書)

ケーキの切れない非行少年たち (新潮新書)

宮口 幸治
778円(02/24 00:17時点)
発売日: 2019/07/12
Amazonの情報を掲載しています

 

▼感想はこちらに書いています▼

 

どれから読むか迷ったらこの2冊

教育本8冊をご紹介しました。

どれから読めばいいだろう?と迷われる方に向けて、最初に読むおすすめの2冊をピックアップしました。

次の2冊から読まれると、教育改革でどんな風に変わるか理解しやすいと思います。

未来のエリートのための最強の学び方

未来のエリートのための最強の学び方

佐藤 優
1,430円(02/23 17:16時点)
発売日: 2019/02/05
Amazonの情報を掲載しています
2歳から12歳の脳がグングン育つ!論理の力

2歳から12歳の脳がグングン育つ!論理の力

出口汪
1,430円(02/23 10:06時点)
発売日: 2019/05/07
Amazonの情報を掲載しています

RELATED

スポンサーリンク