【小学生のタブレット学習教材】おすすめ通信教育5選を徹底比較

スポンサーリンク

 

この記事では、小学生のタブレット学習におすすめの通信教育5つについて、信頼できる教育本で得られた知見を交えてわかりやすく比較しました(教育本おすすめ厳選はこちらに書いています)。

 

休校が続いてタブレット学習に興味があるけど、たくさんありすぎてわからない!!💦

このように悩んでいる方に向けて、選び方のポイントをわかりやすく解説しました。

 

タブレット教材とひとくちにいっても、次のように狙いや特徴が違います。

◆専用タブレットか?

◆先取りできるか?

◆勉強に遅れないためか?

◆中学受験を意識したものか?

◆特定の教科に特化しているか?

 

教材によってはタブレット代がかかるものもあるので、

タブレット学習は紙の教材よりも失敗したときの損失が大きく事前リサーチが不可欠

子どもの教材選びで失敗すると、お金だけでなく、勉強意欲にまで影響しかねません。

あゆみ
あゆみ
良かれと思ってタブレット教材を導入したのに、子どもがゲームばかりやっていた!なんて声はよく耳にします。

 

この記事では、あなたが失敗しないように、選び方・メリット・デメリットをわかりやすく解説しました。

お得に入会できるものもありますので、ぜひ最後までご覧ください♪

 

低学年向けの紙の通信教育が気になる方はこちらをご覧ください。

 

低学年のお子さんで、タブレットをもう使っているけど、勉強が思うように進まない方はこちらの記事も参考にしてみてください。

 

タブレット学習用通信教育5つをかんたん比較

タブレット教材は

✅専用タブレットがある

✅専用タブレットがない

で大きく2つに分けられます。

 

専用タブレットのあり・なしでまとめたのがこちらの表です。

青色をクリックするとこの記事の該当部分にジャンプします。

分類 教材名 特徴 おすすめの方
専用タブレットあり スマイルゼミ 全教科 勉強してくれなくて困っている

ゲーム制限つきがいい

学校の予習・復習をしたい

チャレンジタッチ 全教科 勉強してくれなくて困っている

ゲームをご褒美にしてでも勉強してほしい

学校の予習・復習をしたい

本の読み放題つきがいい

RISU算数 算数のみ 算数をとにかく得意にしたい

算数を先取りしたい

中学受験する

専用タブレットなし Z会

 

全教科 中学受験する

考える習慣をつけたい

ハイレベルなものがいい

まなびwith

 

紙:全教科

タブレット:算数のみ

自分で考える力を鍛えたい

算数をとにかく得意にしたい

変化に対応できる力をつけたい

本の読み放題つきがいい

 

本の読み放題サービスなど、休校が続く今こそほしい機能がついているタブレットもあります(チャレンジタッチまなびwith)。

記事を最後まで読んで、お子さんにベストなものを選んでください♪

 

専用タブレットがある通信教材

まず、専用タブレットのある3つをご紹介します。

●スマイルゼミ

●チャレンジタッチ

●RISU算数

 

それぞれの強みやデメリットをさくっと解説していきます♪

 

オールマイティ&ゲーム時間を制限できるスマイルゼミ

出典:スマイルゼミ

 

タブレットでいちばん人気はスマイルゼミ。

この価格でこれだけの教材が使用できるのか?と、ユーザー急上昇中の大人気のタブレット教材です。

小学生タブレット部門でNo.1をダブルで受賞しており、迷ったらスマイルゼミで間違いありません

 

自分から勉強するようになった!

運筆力もついた!

朝起きて今日もスマイルゼミやっている!

など、嬉しい声を本当に良く聞くオールマイティなタブレットです。

 

出典:スマイルゼミ

 

 

間違えた問題はすぐに解きなおし

ゲーム時間をゼロにできる

教科書に準拠している

2コースから選べる

専用タッチペンの使い心地がすばらしい

自分から勉強する習慣づけ

 

スマイルゼミのすぐれポイントは、オールマイティなうえ親がゲーム時間を制限できるところ。

人気のチャレンジタッチはゲーム制限ができませんが、スマイルゼミは0分、10分など制限可能

 

勉強していると思ったら適当に問題をやってゲームばかりしていた!!

というお母さんの嘆きの声は多いです。

おすすめはゲーム時間を0~10分くらいにしておくこと。これならやりすぎることはありません♪

 

専用タッチペンは紙に書くように、書けるのがポイント。特許出願中の独自技術を採用し、書き心地の良さではNo.1。

出典:スマイルゼミ

 

低学年でつまずきの多い読解力対策として、読み上げ機能・録音機能がついています。

 

 

また、英語でも定評があるタブレットです。

出典:スマイルゼミ

 

 

スマイルゼミで多いデメリットタブレット代です。

途中で退会すると下記のとおり、追加のタブレット代が発生します。

これが「こんなはずじゃなかった!」の原因だったりするので注意しましょう。

 

▶注意◀

入会時:9,980円

6ヶ月以上、12ヵ月未満で退会追加で6,980円

6ヶ月未満で退会追加で29,820円

 

あゆみ
あゆみ
1年やる!という覚悟で入会しないとですね💦

 

もし途中退会することになっても、通常のAndroidタブレットとして使用できます。

月額(年払い・税抜き) 1年生:2,980円

2年生:3,200円

3年生:3,800円

4年生:4,400円

5年生:5,200円

6年生:5,700円

教科 国語・算数・英語・理科・社会

プログラミング

(理科・社会は3年生から)

付録・紙教材 なし
ゲーム制限 あり(0分にもできる)
良い口コミ
悪い口コミ
ゲーム制限できる

タッチペンで書ける

自分から勉強するようになる

親子でメールができる(⇐意外と多い)

タブレット代がかかる

問題数が少ない

入会後の問い合わせ対応が不親切

 

スマイルゼミのプログラミング講座を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

お得に入会したい場合は資料請求必須です。

1ヵ月無料など時期によって変わりますが、限定キャンペーンのDMや体験会の案内は資料請求しないと届きません

▼資料請求すると100ぺージを超える資料のほか、詳細なカリキュラム冊子(下記)が届きます。先取りしたい方は特にチェックしておきたい情報ですよね。

 

▼資料請求するとこのようなDMが月に2回くらい届きます。キャンペーンコードは定期的に変わりますので資料請求からはじめましょう。

キャンペーンコードは定期的に変わります

 

さりげなく嬉しいのが、朝日小学生新聞のサンプルもついてくること。タブレットにも朝日小学生新聞の記事が取り入れられているんですよ♪

 

今すぐスマイルゼミの資料請求をする

この記事の最初に戻る

動機づけを最優先・本読み放題ならチャレンジタッチ

出典:Benesse

 

親に「チャレンジタッチやりたい」とせがむお子さんがいるほど、圧倒的な人気をほこるのがチャレンジタッチ。

進研ゼミでおなじみチャレンジのタブレット版です。

 

間違えた問題はすぐ+月末に解きなおし

教科書に準拠している

教科ごとに難易度を選べる

専用タッチペンで書ける

約1000冊の本が読み放題

赤ペン先生の個別添削

自分から勉強する習慣づけ

 

いま机に向かってくれなくてほとほと手を焼いている…ゲームで動機づけしてでも勉強してほしい!

という方にはチャレンジタッチがおすすめ。

スマイルゼミとの大きな違いは、ゲーム制限機能がないことです(⇐デメリット)。

 

メリットは、自動採点機能付きなうえ、その場で解きなおし・忘れた頃に解きなおしのWの復習でわかったつもりを防止してくれること。

出典:Benesse

 

あまりよろしくないと思うのがゲーム制限なしのほかに、余計なヒントがあることと。

 

ちょっと辛口で書きますね。

国語のメインレッスンに、自分がどう思ったか?の考えに近いものを選択する問題があります。

出典:Benesse

 

当たり前のことに疑問を持って、自分でゼロから考える力がこういった問題でつくとは正直思えません。

このような解答をある程度用意している問題に慣れると、自分で考えなくなる可能性すらあると思います。

チャレンジタッチをおすすめしたいのは、

まったく机に向かってくれない

●ゲームで動機づけして勉強を少しでもしてくれたら御の字だよ

●学校の授業についていければOK

子どもがやりたがっている

●本を読むのが好き

このような方です。

 

当たり前に疑問をもって自分で考える力をつけたい・・・という方には、後半で紹介するまなびwithがおすすめです。

 

子どもの考える力・思考力を鍛える方については、こちらの記事で家庭でできるやり方を解説しています。

 

辛口で書きましたが、チャレンジタッチのゲームは学びが融合したものになっていますので、ゲームをやることで計算力アップなどの効果を期待できます。

 

 

また、学年をこえた先取りや、教科ごとに難易度を変えられますので、お子さんのやる気でぐんぐん進みます。

出典:Benesse

 

さらに休校中で図書館などを利用できない今、とくに好評なのが1000冊読み放題になること。

他社にもありますが、進研ゼミの読み放題サービスがもっとも本を読めます。「かいけつゾロリ」も読めますよ♪

出典:Benesse

 

月額(年払い・税込) 1年生:2,980円

2年生:2,980円

3年生:3,740円

4年生:4,430円

5年生:5,320円

6年生:5,730円

タブレット代 0円(6ヶ月以上受講の場合

6ヶ月未満で退会⇒9,900円

教科 国語・算数・英語・理科・社会

プログラミング

(理科・社会は3年生から)

ポイント 本の読み放題サービスつき
ゲーム制限 できない
良い口コミ 悪い口コミ
自分から勉強してくれる

タブレット代無料キャンペーンがある

本が読み放題!

ゲームが勉強とからめてあり◎

ゲームを制限できない

問題数が少ない

※2ヵ月から受講可能。タブレット⇔紙はいつでも変更可能です。

※年払いで入会しても途中退会できます。

 

進研ゼミのプログラミング講座を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

スマイルゼミとの大きな違い6ヵ月受講すればタブレット代が無料になること!

繰り返しですが、図鑑をふくめ1000冊が読み放題になるサービスも要チェック。このために入会する人もいるほどです。

 

残念ながらチャレンジタッチはお試し受講ができません。

資料請求すると実寸大の紙のチャレンジタッチや詳しい資料が届きますので、まずは資料請求してみましょう。

紙チャレンジのおためし教材も無料でもらえますので、タブレットか紙がいいか比較もできます。

資料請求でもらえる体験教材

 

時期にもよりますが、タブレット代が0円になるキャンペーンを実施していることもあります。

 

今すぐ進研ゼミ小学講座チャレンジを無料で試す

この記事の最初に戻る

算数を得意にするならRISU算数

出典:RISU算数

 

小学算数の先取りをどんどんできるタブレットがRISU算数!

開発者のコンセプトは『10億件の学習データが教える 理系が得意な子の育て方』に書かれています。なかなかの良書でおすすめです。

▼感想▼

 

学年をこえた算数の先取りができる

苦手問題を忘れたころに復習

RISUだけで難関塾の模試全国1位になった子も

退屈防止のための変化球設定あり

読み上げ機能つきなのでひらがな・言葉の勉強にも

 

算数に特化したタブレット学習として注目度の高いRISU

ハイレベルな算数用タブレットですが、じつは始める子の30%が「苦手意識」からスタート。

 

九九が苦手ではじめたけど、1年半であっという間に6年生まで勉強を終えてしまったお子さんもいるほどです。

 

なぜこんなことができるか?というと、

苦手・つまずきを見つけてしっかりフォロー

●間違えやすい問題を重点的に復習

忘れたころを狙って復習

退屈させないように、いきなり「難問」を出題

 

などなど、苦手を残さない・飽きさせない内容になっているのです。

 

さらに、わからないところは東大生が解説してくれます。

 

RISUは計算・応用を融合させた良問が多いですが、算数を得意にするために欠かせない暗算もしっかり取り入れています。

暗算の必要性についてはプロの塾講師の方々も口をそろえておっしゃっています。

(詳細はこちら⇒【算数が得意な子】伸ばし方・特徴

小学2年生の問題  出典:RISU算数

 

ときどきこのような考えさせる問題が登場するので、飽きずに勉強できます。

小学1年生の問題 出典:RISU算数

 

 

月の基本料(年払いのみ) 2,480円
月の利用料(学習速度によって異なる) ゆっくり:0円

少し速め:980円

平均速度:2,980円

学校の1.9倍速:5,480円

学校の2.3倍速:8,980円(上限)

タブレット代 無料
クリアしたステージの復習 0円
ゲーム なし
良い口コミ
悪い口コミ
 先取りできる

つまずきを解消できる

学習習慣がつく

解約後も復習用にタブレットを使える

解約手数料なし

料金体系がわかりにくい

 

 

ここで、RISU算数は高いのか?についてわたしの見解を書いてみます。

 

RISU算数は、【基本料】+【利用料】の料金体系になっています。

あゆみ
あゆみ
めずらしい料金体系ですよね。これがトラブルの原因になっていたりします。

 

基本料は変わりませんが、学習の進み具合によって月の利用料が変わります。

勉強をがんばって速く進むほど利用料が高くなるシステム。

月額が最大11,460円になるので高いと思われがちですが、1日あたりに換算するとそんなに高くないですよ。

理由は、解約後もクリアした問題はずっと利用できるから。

 

●シミュレーションしてみました●

▶もし1年生からはじめて2年間で全カリキュラムを終えたら…最大約27万5千円

2年間で6年分の算数を学べたわけですから、本来の6年間に換算すると、1日あたりたったの120円

▶もし1年生からはじめて3年間で全カリキュラムを終えたら…最大約41万2千円

3年間で6年分の算数を学べたわけですから、本来の6年間に換算すると、1日あたりたったの190円

 

表にしました👇

シミュレーション 1日あたり
2年間で全カリキュラムを終了 120円
3年間で全カリキュラムを終了 190円

 

小学算数を1日190円で得意にできるなら、決して高くはないと思います。

しかも、中学受験する場合、3年間で算数をすべて終えていたら、塾に通いはじめる4年時には6年生まで終わっている・・・それで1日190円。

ちなみに、計算力に特化した公文は1日290円。

RISU算数なら算数のすべてをカバーして1日190円です(3年間で学び終えた場合)。

高いでしょうか?

といっても、いきなり入会は不安ですよね。

いまなら限定で1週間おためし体験ができます。

クーポンコード「msm07a」を入力いただければ、1週間、RISUを無料でお試しできますよ♪

今すぐRISU算数を無料で試す

 

入会後に途中で利用停止する場合は無料ですし、噂の評判が本当かどうかぜひ体験してみましょう。

1週間以内に返品の場合、タブレット送料1,980円が請求されますが、入会すればこの料金は発生しません。

 

この記事の最初に戻る

 

専用タブレットがない通信教材

専用タブレットを使わない通信教材はこちらの2つ。

●Z会

●まなびwith

 

どちらもはじめは親の関わりが大切になりますが、

●学校任せにしておくのは心配・・・

●家庭で考える教育をしたい

など、これからの教育に強い危機感をお持ちの方にはどちらもおすすめです。

 

中学受験するならZ会

出典:Z会

 

中学受験する方考える力を重視したい方にはZ会がおすすめ。

2020年から小学1年生にタブレットコースが追加されました(2年生は2021年度から)。

2020年5月時点で、1年生・3~6年生向けのコンテンツがあります。

 

シンプルな教材

タブレットでも紙のワークブックつき

考えさせる良問が多い

会員が参加する早解きイベントで張り合いアップ

 

スマイルゼミやチャレンジタッチと比較すると、遊びの要素はほぼなく、とてもシンプル

あっさりすぎると感じる方もいますので、公式サイトでお子さんに体験してから決められるのがおすすめです。

先にZ会公式サイトでタブレットを体験する(小3~6のみ)

 

小学2年生ころになると文章題が苦手な子が増えてきます。

Z会は1年生からしっかり読まないと解けない問題があるので、きちんと読む習慣がつけられます。

小学1年生の算数問題

 

ぱっと見てすぐ答えを出せる問題でなく、工夫をこらした問題が多いのがZ会の強み。

しっかり取り組むことで教科書レベルを超えた力をつけられます。

 

もちろん、自動採点機能つき。間違えたときはその場で解説を確認できます。

出典:Z会

 

ある程度、机に向かう習慣のある子でないとつまらないと感じてしまうほどシンプル(⇐デメリット)。

ですが、中学受験の合格実績は通信教育のなかでは群を抜いており中学受験をするならZ会が間違いのない選択です。

 

タブレットコースとは別に、中学受験に特化したコースがあります。

同時に3つのコースまで資料請求できますので(無料の体験教材つき)、気になる方は資料請求しましょう。

今すぐZ会小学生向けコースを無料で試す

 

月額(年払い・税込) 1年生:2,992円

2年生:4,301円から
(紙の価格・タブレットは2021年から)

3年生:5,984円

4年生:6,451円

5年生:7,012円

6年生:7,480円

教科 国語・算数・英語・理科・社会

(理科・社会は3年生から)

良い口コミ 悪い口コミ
よく考えないと解けない問題が多い

きちんと読む・見直しをする習慣がつく

中学受験コースがある

教材がシンプルすぎてつまらない

タブレット・タッチペンの購入が必要

他社より高め

 

プログラミングに特化したコースを知りたい方はこちらをご覧ください。

息子が体験しましたが、はまること間違いなしです。

 

▼資料請求のやり方を補足しておきます▼

公式サイトのどの資料請求ボタンからも同じぺージが開きます。

出典:Z会

 

たとえば、「小学1年生向け」を選択すると紙・タブレット両方の資料が届きます。

 

出典:Z会

 

同時に3つまで資料請求できますので、中学受験をされる方は、中学受験コースもあわせて請求するのがおすすめです。

 

出典:Z会

 

資料請求で体験教材を無料でもらえます。

かなりボリュームがありますので、紙とタブレット両方チェックしてみてください♪

資料請求でもらえる体験教材

 

今すぐZ会小学生向けコースを無料で試す

 

この記事の最初に戻る

可視化で圧倒的な思考力をつけるまなびwith+Qubena

出典:まなびwith

 

まなびwithは紙の通信教材ですが、オプション算数に特化したタブレットQubenaがあります。

まなびwithを受講中の場合、月額770円(税込)と通常の半額以下という破格の価格で利用できます。

出典:小学館

 

 

弱点に合わせて学習を最適化

Quebenaを通常の半額以下で受講できる

可視化で圧倒的な思考力をつけられる

算数カリキュラムがとても充実

 

QuebenaはAIがひとりひとりの間違え方・つまずきを分析し、学習フローを最適化してくれます。

あゆみ
あゆみ
前の学年の単元に苦手がある場合も、学年に戻って解くべき問題へと誘導してくれるのが特徴です。

 

本家の価格は月額1,950円ですが、まなびwithを受講していれば、半額以下の価格で利用できてかなりお得

まなびwithで受講するQuebenaは小1から中1までカバーしているので、中学受験しない場合、中学校の先取りも可能です。

 

まなびwithの通常コースはとてもすばらしく(Z会と甲乙つけがたいです)、特に思考の達人ツールがおすすめです。

 

低学年から情報を整理して可視化するツールに親しめる、唯一の通信教育です。

比較、分類、構造化は考えるワザであり、ものの見方を可視化したもの。このスキルを小学1年生からつけていきます。

図に可視化するスキルは一朝一夕では身につきません。

ものごとの見方がひとつだけでないこと、切り取り方で理解・見えるものが異なるなど、ひらめきにも通じる訓練になります。

出典:小学館

 

コロナ問題しかり、先行きがますます不透明な今、正解のない未知のものについて、自分なりの答えを導く力がますます求められています。

まなびwithが目指しているのがまさにこれ。

正直なところ、この思考の達人ツールだけでも、受講する価値は十分あります。

学校が変わるのを待たずに、考える教育を自宅で!強い危機感を持っている方には特におすすめです。

 

今すぐまなびwithを無料で試す

 

さらに、通常コースではブロックを使う図形プログラムがあります。

出典:小学館

 

息子が通うプログラミング教室自考力キッズで使用するブロックですが、やりはじめると家でもレストランでも集中して止まりません。

レストランで取り組んでいるところ

 

あゆみ
あゆみ
まなびwithはもともと算数に重点を置いていますが、Quebenaを使うことでさらに算数を得意にできますね。

 

 

✅未知に対応できる考える力をつけたい

✅算数を得意にしたい

こんな方にはまなびwith+Quebenaぴったりと思います。

 

月額(年払い・税込) 1年生:3,378円

2年生:3,428円

3年生:3,681円

4年生:4,286円

5年生:4,789円

6年生:5,092円

Quebenaの有料オプション価格 770円(月額・税込)
教科 国語・算数・英語・理科・社会・思考の達人ツール

(理科・社会は3年生から)

良い口コミ 悪い口コミ
「勉強って楽しいんだね」と子どもが言ってくれた

会員サイトで図鑑、コナン漫画など本が読める!

例文や問題文にも学びがある

他社より高め

タブレット・タッチペンの購入が必要

※最短3ヶ月から受講できます。

 

▼資料請求のやり方を補足しておきます▼

公式サイトのどの資料請求ボタンからも同じぺージが開きます。

出典:小学館

 

同時に4コースまで請求できます。

 

出典:小学館

 

資料請求で体験教材を無料でもらえます。

いち押しの思考の達人ツールも体験できますよ♪

資料請求でもらえる体験教材

 

今すぐまなびwithを無料で試す

 

この記事の最初に戻る

 

こちらの記事もおすすめ

RELATED

スポンサーリンク