公文算数の進度|年中冬から始めた年長息子の今【壁を超えた】

 

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_hide=”true” balloon=”talk_2″ balloon_shadow=”true”]公文算数、年長の進度を知りたい![/word_balloon]

 

年中から公文算数を始める場合、1年でどれくらい進むか気になりますよね。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”bump” balloon_shadow=”true” bg_color=”#fff6dc” border_color=”#ffbc00″]私もすごく気になりました。[/word_balloon]

 

今回の記事では、

 

年中1月から公文算数を始めた息子が、半年たってどれくらい進んだのか?

 

成長記録もかねて記事にしました(あくまでうちのケースです)。

 

息子は年中1月に5A60からはじめて、年長8月に2A140になりました。

(たぶん、始めるのは遅い方です)。

 

公文についてまだ知らない方向けに書くと、

数字の読みからはじめて、たし算(たす8)まで進んだ感じです。

 

実際のプリントでお見せするとこんな感じです▼

 

通信教材やタブレット教材と比較すると、

公文の数字の読み書き~たし算・ひき算までの進度は遅め&反復練習が非常に多いです。

この半年、何度も公文を辞めようか悩み、夫と話し合いを重ねてきましたが、

今では夫もわたしも、息子ははじめの壁を乗り越えられたという感想です。

 

これから公文算数を検討している方に向けて、この記事では

 

全問正解でも安心できない落とし穴

公文算数で見落としがちなポイント

 

についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

反対に、すでに公文に通っていて、A教材より先へ進んでいる方にとっては参考にならないと思います。

B教材に進んだ後のことについてはこちらに書いています。

 

公文算数から乗り換える人が多いタブレット教材RISU算数との比較はこちらをご覧ください。

公文算数の進度|年中冬から始めた年長息子の今

息子は年中の1月に公文算数を始めました。

1月に始め、7ヶ月たった今にいたるまでの進度がこちら▼

30までの数を数えるプリントから始め、

7ヶ月で「たす8」のプリントまで到達しました。

 

この間、コロナで公文が1ヶ月完全お休みの時期がありましたので、

休校がなければもっと進んでいたはずです。

公文算数|山だったところ・楽になったところ

いちばんの壁はたし算に入るまで

以前も書きましたが、

いちばん辛そうだったのは、4A~3Aのたし算が始まる前

運筆力を鍛えるための書き練習に親も子もうんざりしていました。

 

この時は、たし算まで到達すれば、あとはやる気でぐんぐん進む!

と思っていましたが、なんと第2の壁が訪れました。

 

意外だった第2の壁

「たす1」の退屈ぶりです。

実際のたす1プリント

 

息子が辛かったのは、

 

わかるのに延々とやらないといけない退屈さ

ねちっこいほどの反復練習

 

 

息子の様子を見て、この時は半分本気で公文を辞めることを検討しました。

しかし、進度表を見る限り、

「たす1」さえ乗り越えれば、あとはそれほどしつこくなさそうでしたので、

励まして継続しました。

 

「たす1」のリアルな問題数はこちらに書いています。

 

たす7で楽になった!

 

たす7になるころから、息子の取り組み方が以前と違うことに気づきました。

 

スピードが上がり、1枚に1分かからなくなる

めんどくさそうに取り組むのに、やり始めると集中する

以前ほど嫌がらなくなった

 

とにかく、スピードが以前の半分になりました。

 

うちでははじめから1日10枚で取り組んでおり、

息子の希望で、朝5枚夕5枚にわけています。

 

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”bump” balloon_shadow=”true” bg_color=”#fff6dc” border_color=”#ffbc00″]「たす1」のときは
数問解くたびに遠くを見てぼーっとすることが多かったですが、
「たす7」「たす8」プリントになってから一気に5枚を終わらせるようになりました。[/word_balloon]

 

公文教室では1回にまとめて10枚やるので嫌がっていますが、

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”bump” balloon_shadow=”true” bg_color=”#fff6dc” border_color=”#ffbc00″]公文に行きたくな~い[/word_balloon]

と言いながら、

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”bump” balloon_shadow=”true” bg_color=”#fff6dc” border_color=”#ffbc00″]楽しかった~[/word_balloon]

と出てくることが増えました。

 

これから公文算数を始める方にとっては、

たし算に到達するまで

たす1が終わるまで

が壁になるかと思います。

公文算数のここに注意!息子の取り組みで感じた変化

息子が公文プリントに取り組む様子をみて、ずっと気になっていたことがあります。

それは、

 

数の概念をしっかり理解しているかどうか?

 

公文算数の要注意ポイント

公文のプリントはスモールステップのため、

1つの問題を数えて正解できていれば、あとは前の回答を基準に正解できます

 

これは公文の盲点で、

がんばってひき算まで到達したのに、実は数の概念が全然わかっていなかった!

という原因になりうるものです。

 

どういうことかというと、

9+3

10+3

という順番で問題が並んでいた場合、

「9+3」は、9、10、11、12とひとつずつ数えて正解してから、

「10+3」は「12」を1つ後ろに数えて「13」というように、

前の回答を参考に、正解を出している可能性があります。

 

1ぺージに間違いが多い場合は、上記の可能性を疑ってあげた方がいいと思います。

息子は今のところ大丈夫ですが、上記の問題が発生しないように、次の対策をとっています。

 

✅間違えた問題があったら、間違いがあることだけを伝え、該当ぺージすべてを見直ししてもらう

✅親が横で取り組み方を観察する

✅ぺージの順番をシャッフルする

 

特に大切にしているのは1つ目。

1ぺージの中に1つ間違いがあったとき、どれが間違いかあえて伝えないのは大切だと思います。

見直しの習慣になりますし、

見直しする過程で頭の中でもう一度計算することになるからです。

 

また、横で細かく観察していると、どんな理解度で取り組んでいるかもわかるので、

子供任せにせず、なるべく横で見てあげるのがいいと思います。

 

息子の取り組みで感じた変化

「たす3」「たす4」あたりのとき、

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”bump” balloon_shadow=”true” bg_color=”#fff6dc” border_color=”#ffbc00″]まだ数の合成・分解が十分にできていなくて、数えて考えているんだな…[/word_balloon]

と感じることがありました。

 

試しに、次のような具体物を使って数える遊びをしてみると、

10のブロックで簡単に数えればいいところも、

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”bump” balloon_shadow=”true” bg_color=”#fff6dc” border_color=”#ffbc00″]1,2,3,4…[/word_balloon]

とひとつずつ数える傾向がありました。

 

プリントをこなし、ひき算まで進んだのに、

 

実は数の概念が身についていなかった!

という事態は避けたいものです。

 

といっても、親が先にヒントを出して、

楽なやり方を先回りして教えることはしたくなく、悩みつつ見守る毎日でした。

 

うずうず、もやもやしながら見守ること2ヵ月。

 

ある日、公文のプリントに取り組んでいるときに、

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”bump” balloon_shadow=”true” bg_color=”#fff6dc” border_color=”#ffbc00″]12+13は…25![/word_balloon]

息子が突然、自分で問題をつくり、暗算をしました。

 

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”bump” balloon_shadow=”true” bg_color=”#fff6dc” border_color=”#ffbc00″]どうやって答えを出したの?[/word_balloon]

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”tail” balloon_shadow=”true” font_color=”#ffffff” bg_color=”#43b66c”]だって、2+3は5でしょ。[/word_balloon]

との回答。

 

12➡10と2、13➡10と3にわけて、

10+10、2+3をそれぞれ分解できたのだろうか?

と思い、つっこんで聞いてみますが、

うまく説明できない様子。

 

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”bump” balloon_shadow=”true” bg_color=”#fff6dc” border_color=”#ffbc00″]じゃあ、23+23は?[/word_balloon]

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”tail” balloon_shadow=”true” font_color=”#ffffff” bg_color=”#43b66c”]46(正解)[/word_balloon]

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”bump” balloon_shadow=”true” bg_color=”#fff6dc” border_color=”#ffbc00″]21+11は?[/word_balloon]

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”tail” balloon_shadow=”true” font_color=”#ffffff” bg_color=”#43b66c”]31(不正解)[/word_balloon]

分解・合成をまだ自由自在にできる状態ではないようですが、

以前よりできるようになっており、大きな進歩でした!

 

ついこの間まで、10のブロックがあっても1つずつ数えていたのに、

 

●数の分解と合成が前よりわかるようになったこと

●工夫して暗算できたこと

●自分で問題を作って考えたこと

 

すごくうれしかったです。

 

ちなみに、子供の算数の誤りについて寛容になれ、

間違いを楽しむことさえできるようになった本はこちら▼

これを読むと、子供の算数の誤りに焦ったり、イライラしたりすることはなくなります

公文算数|数の概念を身につけるために使ったもの

たし算に進んでから、

数の概念がまだあやふやなことに気づいたとき、とった対策がこちら▼

 

①具体物で数遊び

②会話で数遊び

③絵本の活用

④トランプの活用

 

やってよかったことをご紹介しますね。

①具体物で数遊び

数の概念を遊びながら学べる補助ツールを3Dプリンタで作りました▼

 

ちょっと見づらいですが、

「5」なら半円ブロックが5つ連結してあります。

ひとめでブロックの数がわかるように、数字も印字しました。

 

使い方

数の合成・分解を可視化するために、金色と青色の2色で作りました。

 

【例】6になる組み合わせを作ってもらう

組み合わせを作ったら、数のペアを声に出して言ってもらうようにしました。

 

【例】7になる組み合わせを作ってもらう

これも同じ。

 

しばらくの間、公文プリントにとりかかる前に、このツールで合成・分解に慣れてもらいました。

 

これからも、必要に応じてツールを追加する予定です。

子供のつまずき・理解度に応じてツールを作れますので、3Dプリンタがあるととっても便利。

3Dプリンタに興味のある方はこちらをご覧ください。

 

②会話で数遊び

お風呂などで、会話の中でできる数遊びも意識しました。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”bump” balloon_shadow=”true” bg_color=”#fff6dc” border_color=”#ffbc00″]勉強目的であることを一度だけ見抜かれたことがありますので、
かる~い気持ちで取り組むのがよいですよ……(反省)[/word_balloon]

 

数遊びのやり方はたくさんありますので、お子さんの反応を見ながら遊んでみてください♪

 

✅分解するゲーム

 

13を3つの数字に分解するなら、どんな組み合わせがある?

 

先に具体例を示してあげると遊びやすいです。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”bump” balloon_shadow=”true” bg_color=”#fff6dc” border_color=”#ffbc00″]13を3つの数字に分解するなら、どんな組み合わせがある?
たとえば、1と1と11とかね。[/word_balloon]

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”tail” balloon_shadow=”true” font_color=”#ffffff” bg_color=”#43b66c”]5と7と1![/word_balloon]

のってきたら、「すごいね!ほかにもある?」と聞きます。

くいつきの良いゲームでした。

 

✅なぞなぞわり算ゲーム

 

飴が9個ありました。3人で同じ数にわけると1人何個もらえるでしょう?

 

息子が好むなぞなぞ算数問題です。

スーパーの会計時にいきなり空手練習をはじめたときなど、

「お願いだからじっとしていて~」という時にも大活躍します。

 

さりげなく文章題っぽくもできます▼

 

8個の飴を2人でわけようとしたら、Aちゃん、Bちゃんがやってきたので、4人でわけることになりました。1人いくつ?

 

③絵本の活用

なかなかよかったのがこちら▼

ふしぎなたね (美しい数学)

ふしぎなたね (美しい数学)

安野 光雅
1,815円(07/23 23:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

お話を聴きながら数学を学べる絵本です。

子供が意外とくいつき、各ページ数えるんですよね。

数字に親しめる絵本で、感心しました。

 

息子が10の塊を数えずに10でまとめて数えてくれたことは感動でした・・・。

 

④トランプの活用

 

Z会幼児コースで紹介されていた算数ゲームもおすすめです。

このゲームはどちらかというと、暗算に慣れるため。

 

このゲームも息子に好評でした。

やり方はこちらの記事で紹介しています▼

 

 

公文算数、進んでいるご家庭を見ると焦ってしまいますよね。

わたしは、子供のペースと意欲に合わせて、親が気長にサポートしていくのがいちばんだと思っています。

公文算数でのつまずき・気づき・改善点などは今後も記事にしていきますね。

 

ほかにも公文に関連する記事を書いていますので、参考にしていただけると嬉しいです。

 

人気記事

公開日:2020年9月3日