公文算数B教材が進まない|挫折防止にやったこと・注意したこと

息子は年中・冬から公文算数を受講しています。

A教材まではスムーズだったのに、B教材から急に難しくなりました

 

息子(年長)は現在、B教材後半の2桁のひき算に取り組んでいます。

 

この記事では、子育ての備忘録として、

 

B教材に入ってからの3ヶ月間を振り返りました。

 

B教材でつまずいたのは、

●3桁のたし算

●2桁のひき算

 

公文は計算重視と批判されがちですが、

B教材に入ってから少し公文を見直しました

 

簡潔にいうと、

 

計算過程で暗算をたくさんすることになります

 

 

繰り上がり・繰り下がりでメモさせないので、

子供は次第に計算の工夫をするようになります。

 

あゆみ
あゆみ
このメリットはあまり注目されていないだろうと思いました。

 

子供にとっては最初の壁となるのがB教材ですが、

家庭で丁寧にサポートして、しっかり取り組めば力がつくと感じました。

 

この記事では、息子のつまずきと、対策としてよかったことのほかに、

注意したいことについてまとめました。

公文算数B教材が進まない

年中の冬に、公文算数を5Aの途中から始めました

年長の10月にA教材に進み、2ヵ月弱でA教材を終えました。

 

ここまではステップが小刻みすぎて、息子は反復練習の多さに公文を嫌がることがありましたが、

計算自体は楽しんでいました

 

A教材まではスムーズに進んできたのに、B教材に入ってからスピードが落ちました。

あれ?と思ってプリントを見ると、

A教材までのスモールステップが、B教材になってから急に傾斜が厳しくなった感じがありました。

 

B教材からは、

2桁・3桁の繰り上がりのあるたし算

2桁・3桁の繰り下がりのあるひき算

 

がはじまります。

ここがどうやら大きな壁となるようです。

 

公文HPによると、

A教材=小学1年生

B教材=小学2年生

 

となっていました。

息子はまだ年長なので、無理をさせて算数をきらいになってしまっては大変だと思い、

スローペースで進めることに。

 

息子は3桁のたし算、2桁のひき算でつまずきました

あまり知られていませんが、

 

 

公文では繰り上がり・繰り下がりで数字を書かずに計算します

 

 

息子が初めて2桁のたし算の筆算をやるとき、教室では

右からではなく、左から計算するように指示されたようでした。

 

自宅で2桁のたし算に取り組むのを見ていると、確かに左から答えを書いています。

小学校では繰り上がり・繰り下がりの数字を書かせますが、

公文では書かせません

 

あゆみ
あゆみ

これはワーキングメモリーを鍛えるうえでとても良いと思います。

 

2桁の筆算までは比較的スムーズでした。

▼公文算数B教材(21~30)

▼公文算数B教材(41~50)

 

苦戦したのはこのあとでした。

公文算数B教材でつまずいた箇所・やった対策

3桁のたし算

最初の壁は3桁のたし算でした。

 

公文では3桁のたし算でも、繰り上がりの数は書かせませんし、左から計算させます

2桁の場合と違って、

3桁は頭の中で記憶しておく数字が増えるせいか、息子はしばらくとまどいました

 

そこで使ったのが10進法セット

 

100、10、1のブロックを並べて、足したらどうなるか可視化しながら取り組んでもらいました。

10進法セットを使ったら、イメージしやすくなったのか、

数日後にはブロックを使わず、3桁のたし算をスムーズにできるようになりました。

公文算数B教材(81~90)

 

公文は文章題はないと言われますが、B教材から文章問題も登場します。

ちょっとした気分転換になるようで、息子は喜んでいました。

公文算数B教材(71~80)

 

公文算数B教材の【91~100】には足して1000を超えるたし算がでてきます。

3桁のたし算になれた息子も、ここで再び苦戦していました。

公文では同じ教材を3~4回やることが多いですが、B教材の91だけは2巡で次へ進みました。

 

B教材に入ってからここまでは1日10枚ペース(朝晩2回に分けて取り組み)で、

1ヵ月半くらいで進みました。

大きな壁になったのは2桁のひき算でした。

 

2桁のひき算

 

B教材のひき算は101~130までは難しくないです。

A教材の延長に近く、

あゆみ
あゆみ
なんでまたこれやるんだろう?

と思いました。

 

131以降から、2桁のひき算が容赦なく出てくるのですが、

息子はここで苦戦しました。

公文算数B教材(131~140)

 

(2桁ー1桁)はできても、(2桁ー2桁)の繰り下がりでつまずきました。

 

現在、公文教室へは2週間に1度だけの通学にしてもらっています(息子の希望で)。

 

教室で最後にやったのは【2桁ー1桁】のみのB教材121~130

教室ではスムーズだったので、先生は問題なしと判断したようでした。

宿題にどっさりとその後のプリントが入っていたのですが、

そもそも、公文で2桁のひき算をどう教えるのか、息子も私も何も聞いていませんでした。

 

たし算と同じく、繰り下がりを書かせることはないはずですし、

書かせないでやる方がいいと判断し、B教材の131ー140に進みました。

しかし大苦戦

 

まず使ったのが玉そろばん。

くもんの玉そろばん120

くもんの玉そろばん120

2,191円(04/21 14:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

これを使うと具体物で考えられますが、

毎回これに頼ってしまって暗算になっていない気がしましたので、

思い切って、B教材のプリントをさかのぼることにしました

これが結果的に正解でした

 

120番のB教材は6回くらいやったと思います(教室へ追加でプリントをもらいにいきました)。

120番のB教材

 

120番台のB教材に加え、達成感をだすために、

110番台のB教材も使いました。

110番台のB教材

 

よくみると、B教材の110番台・120番台のプリントには、

繰り下がりのベースとなる計算式がたくさんあるのですよね。

それを筆算形式にしたのが120番台のプリントです。

 

あゆみ
あゆみ
息子が慣れるまでは、110番台と120番台のプリントをあえて、ミックスして取り組んでもらいました。

 

これを1週間ほど繰り返してから、

130番台のプリントを再度やってもらったら、スムーズに解けるようになりました!!

140番台のプリントにも進めました。

 

息子は集中しているとき・ノッているときに鉛筆を持つ手を小刻みに動かす癖があるのですが、

その「サイン」がでているかも注意して観察しました。

苦戦していたときは鉛筆を持つ手が全く動いていませんでしたが、

いまは2桁ー2桁のひき算のとき、鉛筆を持つ手が小刻みに動いているので安堵しています。

 

まとめると、

玉そろばんを使いつつ、

【2桁-1桁】のひき算プリントに戻って取り組むことで、

頭の中での数の分解・合成に慣れ、2桁のひき算でつまずかなくなりました。

 

あゆみ
あゆみ
負荷をさげるため、130番台のプリントのあたりから、1日にやる枚数を10枚から5枚にペースダウンしました。

【反省】ヒントを出してしまった

ちなみに、2桁のひき算の暗算になれるまで、

何度かヒントを出してしまったことがあります。

これはよくないとわかっていたのですが、

大変そうなときは、

「36からまず8を引いてみる?」

などヒントを出してしまいました。

 

今は自分なりに

息子
息子
20を引いたら〇だから‥‥
息子
息子
6を引いたら〇だから…

と毎回工夫の仕方はさまざまで、考えながら取り組んでいます。

 

48-19=?

 

など、工夫の仕方によっては楽に解けるやり方もありますよね(48-18をしてから1を引くなど)。

楽に解けるやり方については、息子はまだひらめいてはいません

うずうずしながら、

本人がひらめくのを見守っているところです(^^)

 

これからB教材に進む方には

これだけは知っておいてほしい!

ということがあります。

B教材で注意すべきこと

こちらの教材を見てみてください。何か気づかれませんか?

公文算数B教材(131-140)

 

縦の青枠は、引かれる数字がすべて同じで、引く数字だけが異なっています。

横の赤枠は、右列の引く数字は、左列の引く数字に「10」を足したものになっています。

 

これ、公文のプリントで特に良くないところだと思うのですが、

子供にプリントを渡してお任せしておくと、

毎回計算するのではなく、前の答えをヒントに答えを導いてしまう可能性があります。

 

うちは子供がプリントに取り組む時は、親のどちらかが横で見ているようにしています。

息子は上記のことに気づいてしまい、前の答えを参照していたことがありました。

そんなときは、

なるべく前の答えを見ないで計算する方が得意になれるよ

と話したうえで、隠しながら取り組みました

 

2桁のひき算の壁を乗り越えてからは、

隠さなくても、しっかり考えて取り組んでいます。

 

B教材はまだ終わっていない

公文算数のB教材はまだ終わっていません。

3桁のひき算が残っています。

おそらくこれが最大の関門になる気がします。

 

B教材に入ってから2桁のひき算(140番台)に到達するまで3ヶ月くらいたちました。

おそらく、3桁のひき算だけであと2ヶ月くらいはかかると思います(もしくはそれ以上)。

 

息子は3桁のたし算は筆算を見ながら、メモせずに左から考えて解いています。

2桁のひき算は筆算をほとんど見ず、完全に頭の中で暗算しており

3桁のひき算はどうやってやるんだろう?大丈夫だろうか?と今から心配しています。

 

繰り上がり・繰り下がりという言葉はまだ教えていません。

ちなみに、百の位、十の位、一の位という言葉も知りません。

私が小学校で習ったやり方とは違い、

負荷のある、暗算重視のやり方で取り組んでいるなあと思います。

 

B教材になってから、計算で苦戦して苦しそうなとき、

あゆみ
あゆみ
算数を嫌いになってしまったらどうしよう?

というのがいちばんの心配事でした。

 

息子も

息子
息子
公文やめたいな…

といいつつ、がんばってとりくんでいました。

 

そんな状況のときも、日常生活のなかで

5分は300秒だよね

20分は1200秒だよね

や、

12を5回足すと60だ

などぶつぶつ言っていたので、

算数自体は好きなんだと思います。

 

それでも、公文のプリントに取り組んでもらうときは、

息子の「集中しているサイン」があるかどうかは注意しています。

 

3桁のひき算も楽しんでクリアできるといいなと願っています…

苦戦する気がしますが‥‥またご報告します^^

 

こちらの記事もおすすめ