【こどもちゃれんじとZ会を比較】本質的な違いは2つだけ

スポンサーリンク

 

この記事では、Z会幼児コースとこどもちゃれんじ両方を受講している経験をもとに、

Z会とこどもちゃれんじの違いをわかりやすく解説しました。

 

あゆみ
あゆみ

うちは現在、公文、こどもちゃれんじ、Z会を併用しています。

 

子どもの毎日の学習習慣づけは年中からはじめました。

コロナ休園中もふくめ、6ヵ月間毎朝の学習を続けており、その秘訣もあわせてご紹介します。

 

どちらも人気のある幼児教材ですが、

教材を比較・体験しただけではわからない大切な2つのポイントをご存知ですか?

 

このポイントをおさえているかどうかで、中学校・もっと大きくなってからの学力の伸びや意欲が変わってきます。

それは、

●ヒントの加減

●リアルな体験

です。

 

算数を苦手にさせないためには、ヒントを与えすぎないことが大切(詳しくはこちら)。

あとあと学力が伸びる秘訣は、知識よりも関連づけられる体験・経験がどれだけかあるかです(詳しくはこちら)。

 

この2点をどちらも満たしている教材は、実はZ会幼児コースしかありません。

 

ですので、わたしのおすすめはZ会幼児コースなのですが、

やりたいかどうかを決めるのはお子さん。

 

あゆみ
あゆみ
どんなに良い教材でも、お子さんが興味をもたなければベストではありません。

 

この記事では、お悩み・目的別にどちらがベストかわかるように解説しました。

最後まで読めば、お子さんにとってベストな選択がわかります♪

 

わたしは幼児教育をはじめるのが遅かったことを後悔しています。

私のように後悔しないために、最低限のポイントは押さえておいてください。

 

こどもちゃれんじとZ会幼児コースの違い

2つをざっくり比較しました。

こどもちゃれんじ Z会幼児コース
入会金 0円 0円
1~2歳 1,980円
3歳 1,980円 1,870円
4歳 1,980円 2,244円
5歳 1,980円 2,431円
ポイント 付録が魅力的

●難易度はやさしめ

勉強に飛びつかせるしかけがすごい

●子どもがやりたくなる

本質重視

●10年後、大人になってから伸びる力を最重視

本当の学力をつけられる

●考えさせる問題

 

とにかく机に向かわせるのが大変!という方には、こどもちゃれんじの方が確実です。

ですが、後半まで読むと今まったく学習習慣のない子でもZ会から安心してはじめられる理由を書いています♪

 

親が幼児期からかかわりを持って、変化の激しい時代に対応できる学力をつけたい!という方には、Z会からはじめるのがおすすめです。

 

以下、もう少し詳しく見ていきますね。

 

先に無料でこどもちゃれんじを試す

先に無料でZ会幼児コースを試す

こどもちゃれんじは「しかけ」で勉強させる

年長4月号でもらえる教材

 

こどもちゃれんじの最大の特徴は、子どもが勝手に勉強したくなることです。

 

子どもを勉強に向かわせるしかけがすごい!

これは年長コースについている付録のかきじゅんナビ

 

届いた日はもちろん、ワークをすべてやった後も、白い紙を取り出してひらがな練習をしています。

 

白い紙でなくて、ひらがなドリルあるよ…?と声をかけると、

息子
息子
そうだった!忘れてた。

と、再びひらがなの練習を…

 

 

あゆみ
あゆみ
このしかけ効果は予想以上でした。。。

 

年長コース以外にも、ひらがなに親しむ付録はついてきます♪

出典:Benesse

 

こどもちゃれんじのワークは易しめで、

「えっ、たったこれだけ?」と思うほど、ボリュームは少ない(1ヵ月分が2日で終わる…)ですが、

●自分から学びたくなるしかけが随所にたくさん

●学習習慣がつく

●小学校までに国語・算数のベースをつくれる

自発的に、楽しみながら勉強してくれる

●すべてそろって月額1,980円とコスパ抜群!

 

と、学習習慣がつくことを考えると、かなりコスパのよい教材です。

ご自宅で使っていないドリルにもきっと取り組んでくれますよ♪

 

今すぐ無料でこどもちゃれんじを試す

 

こどもちゃれんじのデメリット・向いていない方は?

こどもちゃれんじのデメリット ワークの量が少なすぎる

●問題が簡単すぎる

●余計なヒントがある

 

勉強に向かわせるきっかけ作りにはなりますが、中学受験を意識して今からしっかり勉強させたい!という方にはもの足りません。

デメリット余計なヒントがあることです。

 

こちらは年長4月号の平面図形の問題。

 

図形がどのような形から構成されているか、分解・合成に慣れさせる問題です。

幼児期から図形になれる問題として悪くはないのですが、子どもに算数を得意になってもらうためには、

  • 子どもが試行錯誤する機会を奪わないこと
  • 先回りして余計なヒントを与えないこと

がとても大切です。

詳しくはこちらに書いています。

 

上記の問題は、あらかじめ図形に補助線がひかれていますよね。

あれこれ考えてからヒントとして補助線を一部にひいてあげるのはよいですが、わたしははじめからヒントが用意されている問題はおすすめしません。

 

自分で考えるのが好き!

 

こういうお子さんにとって、こどもちゃれんじの問題は簡単すぎる可能性があります。

 

参考に、同じ年長4月号のZ会では、ヒントは書かれていません。

 

こどもちゃれんじの強みは、キャラクターのかわいさにあるのは確かですが、

教材には全体的に思考の妨げになる余計な要素があるな、というのがわたしの感想です。

 

付録の絵本はすばらしい!!

辛口コメントをしましたが、付録で毎月届く絵本は特によくできていて、子どもが毎回楽しみにしています

「もっと知りたい」を上手に引き出す流れになっていて、ワークは「かんたんすぎる~」と言う息子も、この絵本は大好きです。

 

▼海の生き物をテーマにした絵本では、しおりをかざすと魚がうかびあがる構成になっています。

 

▼「空」をテーマにした月では、このように雲を観察できる付録つき!

あゆみ
あゆみ
雲から天気を予想できるようになっています。

これを使って、ベランダで空の雲を観察するようになりました。

 

▼しまじろうのお話も大好きで、寝る前によく読んでいます。

他者との関わり方をストーリーで気づかせる工夫がほどこされています。

 

いろいろ正直な感想を書きましたが、こどもちゃれんじは次の方におすすめです。

 

●勉強に興味を持ってほしい

●楽しさを重視したい

●いろいろなことに興味をもってほしい

 

毎月届く絵本で興味が広がるお子さんはたくさんいると思います。

無料体験教材は充実しているので、気になる方は資料請求してみてください♪

資料請求でもらえる体験教材

 

今すぐ無料でこどもちゃれんじを試す

 

Z会幼児コースは見えない学力の貯金をする

 

Z会の最大の特徴は、見えない学力の貯金ができることです。

 

こどもちゃれんじが「今」にフォーカスしているのに対し、Z会が見ているのはずっとずっと先

5年後、10年後、さらには大人になってからもいきてくる力をつけることを重視しています。

詳しくはZ会幼児コースがあと伸びする理由を解説したこちらの記事に書いています。

 

知識よりも大切な「点」を増やす王道教材

Z会幼児コースは、ほかの通信教育と大きく異なり、リアルな体験を重視しています。

 

アップルの教育担当ジョン・カウチもおっしゃっていますが(詳しくはこちら)、

学習では賢さよりも事前に得ている経験の方が大切です。

 

脳は新しいことを学ぶとき、既にある経験(点)と結びつけて理解するからです。

 

 

 

経験が多ければ多いほど、わかることが増え、学びが楽しくなり、学習が加速します。

それくらい、幼児期には机に向かう勉強より、どれだけ体験するかが大切といえます。

 

Z会幼児コースは【体験+ワーク】の2本立て構成。

黄金時期の幼児期に体験をたっぷりすることを重視しています。

そのため、体験が占める割合がとても多いです。

体験型教材ぺあぜっと

 

Z会幼児コースがあと伸びする確かな理由はこちらでより詳しく解説しています。

 

 

目に見える効果を確認して、安心したい!という方にはおすすめしませんが、

地頭を鍛えられる

●幼児向け通信教育の中では唯一、体験の大切さを全面に出している

●幼児期のリアルな体験が見えない学力の貯金となる

考えさせる問題が多い

 

というメリットがZ会幼児コースにはありますので、

変化の激しい時代に対応する力をつけたいとお考えの方には、こどもちゃれんじよりZ会をおすすめします。

 

今すぐ無料でZ会幼児コースを試す

 

Z会幼児コースのデメリット・向いていない方は?

Z会幼児コースのデメリット 親の関わりが不可欠

●親が体験教材を楽しめないと辛い

●子どもを勉強に向かわせるしかけは少ない

 

お子さんに学習習慣がすでにあるかどうかは、あまり関係ありません(秘訣は後述)。

それよりも、

親が子どもと一緒に取り組む時間的・精神的な余裕があるかどうか?が継続の秘訣です。

 

こちらは年長号のぺあぜっとの課題です。

 

Z会は食育をとくに重視しているため、毎月、親子で料理をする課題があります。

 

あゆみ
あゆみ

皮つきたけのこってあまり買いませんよね💦

下準備が必要なので、忙しい方や苦手な方には抵抗があると思います。

 

じつは、わたしも皮つきたけのこ買ったことありませんでした。

いざやってみると、子ども大喜び

たけのこの皮をむいているところ

 

こういった料理は経験となるだけでなく、算数を得意にするうえでとても貴重な理由はこちらでも触れています。

 

やってみたいけど、これまで机に向かう習慣がないから、ワークに取り組んでくれるか心配!💦

 

という方も大丈夫です。

まず、ぺあぜっと ⇒ ワーク の順番で取り組みましょう。

ワークには体験をベースにした問題があります。

机に向かう習慣がないお子さんは、こういった「体験したから知っている。あの時のだね!」と関連付けられる問題から一緒にやるのがおすすめ。

こういう小さな成功体験をつくってあげられるのも、Z会ならではです。

年長コースの教材

 

また、毎回のワークには表現する課題があります。

机にまず座るきっかけになりますし、その月に学ぶほかの内容とも連動しており、図鑑を開くきっかけにもなります♪

 

子どもって、ちょっとした声かけ、きっかけで驚くほど勉強に興味を持つようになります。

Z会をやってみたいけど、子どもに続けてもらえるか心配な方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

うちはここで書いたやり方で、コロナ休園期間中もふくめ、6ヵ月毎朝の勉強を継続しています

学習習慣は意外と簡単につけられますよ♪

 

学びに火をつけるワークの巧妙なしかけ

Z会の問題はよく工夫されています。

たとえば、こちらの折り紙を切ったときの展開図をイメージする問題。

イメージ能力・図形感覚をつける良問であるとともに、子どもの学びに火をつけるしかけにもなっています。

 

ここでも親の声かけと関わりがポイントになります。

「実際に切ってやってみようか?」とまず一緒にやってみてから、

「こんな折り方をしたらどうなるんだろう?ママわからないなあ」と言ってみたところ、子どもの興味に火がつきました。

息子
息子
これはどうだ?こうしたらどうだ?切り方を変えたら?

と、取り組むこと1時間。

 

Z会は、体験型教材ぺあぜっとだけでなく、ワークにも「実際にやってみよう」というコンセプトが隠されています。

あゆみ
あゆみ
親がかかわり、一緒に取り組むことで、子どもの集中力や興味を引き出せるすばらしい教材です。

 

ただ、親が関わりをもたなければ、学びに火がつくことはあまり期待できません。

こども目線ではZ会がおすすめですが、親の負担をなるべく減らしたい方にはこどもちゃれんじの方が合っていると思います。

 

まとめると、Z会は次の方におすすめです。

●変化の激しい時代に対応する力をつけたい

●自分で考える子どもになってほしい

●中学受験をする予定

●幼児期こそ子どもと関わる時間を大切にしたい

 

興味のある方は、無料体験教材で、お子さんと一緒にぺあぜっとを体験してみてください。

息子はすごい喜びようでした。

資料請求でもらえる体験教材

 

もちろん、こどもちゃれんじと同様、生活の自立をサポートするカリキュラムもあります。

時計の見方もZ会の付録時計でばっちりになりました。

年長コースについてくる時計キット

 

また、Z会にはプログラミングに特化した通信講座もあります。通信の中ではダンドツ充実した内容です。

小学生からのコースですが、お父さん・お母さんがサポートすれば就学前でも夢中になること間違いなしです♪

 

今すぐ無料でZ会幼児コースを試す

 

【こどもちゃれんじvsZ会】5つの視点で比較した選び方ガイド

地頭を鍛えたい

⇒繰り返しですが、Z会の一択です。

 

あゆみ
あゆみ
1回でも受講すると、ぺあぜっとで体験した気づき・発見があとあといきてくることを実感できると思います。

 

たとえば、「骨」をテーマにした月。

単純に「骨を知ろう」というコンセプトではありません。

「骨」を具体から抽象化させて、ほかの事象に転移できるような気づきとなる課題が取り上げられていて、本当にうなります。

おなじ勉強をしていても差がつく理由の一つに、具体と抽象を行き来できるかどうか?にあることはこちらの本でも書かれていますが、

Z会はワーク・ぺあぜっと共に、この本が目指すものを体現した教材なのか?と思う内容です。

 

ボリューム・バランス重視

⇒バランス・ボリュームともにZ会がおすすめ。

 

ちょっと誤解されやすいところだと思います。

こどもちゃれんじには思考力特化コースがあります。

思考力特化コースはワーク中心の教材で量も多いのですが、思考力特化コースにはエデュトイ・DVD・絵本はついてきません

 

子供の反応を見ていても、こどもちゃれんじの魅力は、エデュトイ・絵本だと思います。

 

あゆみ
あゆみ
とくに絵本は本当によくできていて、我が家はこの絵本のために受講しているといってもいいくらいです。

 

思考力特化コースには絵本がついてこないので、我が家は総合コースを受講しています。

 

Z会なら、思考力特化コースに相当するワークが届きつつ、体験型教材も届くので、

 

ボリューム・バランスともに、Z会 > こどもちゃれんじ

となります。

 

こどもちゃれんじの総合コースは付録があれこれついてくるので、ボリュームが多いと思われがちですが実は少ないです。

ワークは届いたその日に完了するほど、少ないです…(悲)。

 

動機づけを優先

⇒断然こどもちゃれんじです。

 

こどもちゃれんじが届くと、いつもその日にワークに取り組み始めます。

付録のDVDを見るたびにやる気がわいてくるようで、ほかの教材を引っ張り出して勉強をはじめます。

 

ワクワク感を大事にしたい

⇒これも断然こどもちゃれんじです。

 

教材をみては、

息子
息子

6月号はこれなんだ。

8月号にはこれが届くんだね。

など、何度も言っています(笑)。

 

Z会でも同じことはありますが、ワクワク発言の回数はこどもちゃれんじの方が多いです。

 

興味を引き出したい

Z会・こどもちゃれんじどちらも抜群!

 

あゆみ
あゆみ
それぞれ、興味の引き出し方は違いますが、教材に取り組んでやったことは、日常でもいきています。

 

息子の例では、

こどもちゃれんじをやってから、雲を見て天気を予想するようになりました(絵本のおかげ)。

 

Z会をやってから

息子
息子

・風も空気なのかな?きっと空気だよ!

・(自分の体を触りながら)ここにも骨があるんだね。

 

など、ぺあぜっとで取り組んだ内容からさらに発展させた気づきを日常で語ることが増えました。

 

 

おすすめはZ会幼児コース

こどもちゃれんじ Z会幼児コース
入会金 0円 0円
1~2歳 1,980円
3歳 1,980円 1,870円
4歳 1,980円 2,244円
5歳 1,980円 2,431円
ポイント 付録が魅力的

●難易度はやさしめ

勉強に飛びつかせるしかけがすごい

●子どもがやりたくなる

本質重視

●10年後、大人になってから伸びる力を最重視

本当の学力をつけられる

●考えさせる問題

 

✅あとからでは貯められない学力の貯金ができる

✅幼児期にこそリアルな体験が大切

余計なヒントがない

 

という理由から、わたしのおすすめはZ会幼児コースですが、

通信教育選びでは、お子さんの気持ちがとても大切です。

 

どちらも無料で体験教材をたっぷりもらえますので、ぜひお子さんの反応を見てみましょう。

 

▼こどもちゃれんじで無料でもらえるもの。

資料請求でもらえる体験教材

今すぐ無料でこどもちゃれんじを試す

 

Z会幼児コースで無料でもらえるもの

資料請求でもらえる体験教材

 

今すぐ無料でZ会幼児コースを試す

 

ほかの幼児向け通信教育はこちらで紹介しています。

 

 

こちらの記事もおすすめ

RELATED

スポンサーリンク